奥村三雄『聚分韻略の研究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

奥村三雄『聚分韻略の研究』

奥村三雄 1973 風間書房

聚分韻略

はしがき(濱田敦)


第一部  聚分韻略の基礎的研究

 第一章 序説

 第二章 聚分韻略諸本

  一 聚分韻略版本の分類

  二 原形本と三重韻

  三 原形本の分類

  四 三重韻における無版と付訓

  五 無三重韻の分類

   五-一 大型無

   五-二 小型無

  六 付訓版における増補改編の有無

  七 初期の付訓版-原三重韻

  八 増補本三重韻の分類

   八-一 七行増補本

   八-二 六行増補本甲類

   八-三 六行増補本丙類

   八-四 六行増補本乙類

  九 改編本類について

  十 別種改編本について

   十-一 聚分韻略の影響

  十一 聚分韻略版本写本


 第三章 聚分韻略原形本の性格

  一 成立事情を考える

  二 意味分類について

   二-一 古辞書類の意味分類

  三 韻分類-広韻通用

   三-一 諸文献の韻分類

  四 本文の内容-広韻との相関性

   四-一 広韻とその他の韻書


 第四章 国会図書館略韻聚分韻略

  一 国会図書館蔵の略韻について

  二 略韻の古さと新しさ-韻目表示を中心に

  三 聚分韻略の増補改編本類として見た略韻

   三-一 略韻音訓カナ

   三-二 その他の諸問題

  四 聚分韻略の古態を示す略韻

   四-一 聚分韻略増補改編本類との違い

  五 聚分韻略略韻の関係


 第五章 聚分韻略の改版とその盛行

  一 聚分韻略の改版について

  二 三重韻本の成立

   二-一 朝鮮三重韻との関係

   二-二 三重韻本への過渡期

  三 音訓カナの付刻

  四 聚分韻略の盛行 中世無調版の場合


 第六章 慶長十七年版付刻カナの性格

  一 底本としての慶長

  二 慶長版の付刻カナと中世版の加筆カナ

   ニ-一 先行付訓版たる無刊記本の問題

  三 慶長版の付刻唐音中世

   三-一 内閣文庫蔵原形九行本を例として

  四 慶長版のカナと中世

  五 国会図書館文明十三年版との関係

   五-一 慶長版付刻文明加筆との差

   五-二 小型付訓刻本としての慶長

  六 慶長版付刻カナの典拠をめぐって


 第七章 国語史料として見た聚分韻略

  一 聚分韻略諸本音訓カナ

  二 字音資料として見た聚分韻略

   二-一 唐音資料として

  三 聚分韻略における唐音資料A類

   三-一 臨済曹洞唐音資料各種

   三-二 唐音形の判定

   三-三 音韻史の為に

 四 聚分韻略における唐音資料B類・C類

  四-一 聚分韻略唐音資料C類と類推字音

 五 慶長板付刻カナの資料意義と出自関係


第二部 聚分韻略諸本の複製

 一 はじめに

 二 慶長壬子聚分韻略(京都大学付属図書館蔵本)

 三 文明辛丑聚分韻略(国立国会図書館蔵本)

 四 無刊記原形十行版聚分韻略(国立国会図書館蔵本)

 五 略韻(国立国会図書館蔵本)


第三部 慶長壬子聚分韻略総索引(巻末)

 凡例

 慶長壬子版 漢字索引

 慶長壬子カナ索引

 慶長壬子版 音カナ索引


あとがき

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。