奥村三雄「古代の音韻」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

奥村三雄「古代の音韻」

奥村三雄

『講座国語史2音韻史・文字史』

一 古代音韻史の方法

 1 古代音韻史資料

 2 音韻史記述の対象─音韻変化変遷

  (1) 音韻史記述の単位

  (2) 音韻変化とその分類

  (3) 音韻変化とその原因

二 音韻の発達

 1 撥音の発達

 2 促音の発達

 3 長音の発達

 4 開拗音の発達

 5 半濁音の発達

 6 その他

三 音韻の消滅

 1 特殊仮名づかいの崩壊

 2 ア行「エ」とヤ行「江」との統合

 3 イ・エ・オとヰ・ヱ・ヲの統合

 4 四つ仮名の統合

四 中央語史上の一時的現象

 1 合拗音の消長

 2 その他ーオ段長音開合

五 音韻用法変化

 1 語頭濁音成立

 2 語頭ラ行音成立

 3 ハ行転呼現象

 4 語中語尾における母音音節の許容

六 音価変遷

 1 サ行子音

 2 ザ行子音

 3 タ行子音

 4 ダ行子音

 5 ハ行子音

 6 語中語尾濁音

 7 母音音節エ・オの音価

 8 エ列オ列母音音価

七 アクセントの史的考察

 1 アクセント史研究の方法

 2 アクセント変化とその方向

八 アクセント史上の諸問題

 1 上昇調拍の消滅

 2 下降調拍の消滅

 3 いわゆる「入声点」について

 4 ●○●型の衰退

  1 ●○●型表記とその解釈

  2 卓立型助詞従属型化

 5 低平型の消滅

 6 語頭における低音連続型の問題

九 史的研究資料としての方言アクセント

 1 諸方言の分派関係と漢語アクセント

 2 その他の諸問題

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。