大野晋『日本語の文法を考える』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

大野晋『日本語の文法を考える』

大野晋

岩波新書・黄53、1978.7

まえがき

1 不幸な学問


2 未知のことを伝えれば足りる

 言語の働きとは何か

 西欧語と大きく違う主語

 社会の成立ちとの関係

 相手の気持を大事にする 


3 既知未知

 日本語文の基本型

 四つの組合せ

 『明暗』と『雁』の、ガとハ


4 何をとらえて名づけるか

 語彙の半分以上は名詞

 日本語では単数複数を区別しない

 日本語には抽象名詞が少ない

 古代における抽象名詞

 動詞形容詞名詞化する方法

 豊富な擬音語擬態語表現


5 ウチとソト

 代名詞でウチとソトを区別する

 さまざまな人称代名詞

 一人称二人称代用する 


6 状態と情意

 ク活用シク活用の違い

 ク活用形容詞は少ない

 活用形の拡大と表現力の増大

 形容動詞成立 


7 活用の未来と過去

 助詞には古くから多くの活用形があった

 活用形時代とともに変化する

 サ行変格活用上一段活用

 動詞活用形の簡単化

 係結びは何のために

 倒置による強調表現

 「ぞ」「か」「や」「なむ」の起源

 「こそ…巳然形」の起源


8 判断の様式

 名詞文と動詞

 ル・ラルとス・サスの役目

 自発を根本とするル・ラル

 確定・確認を示すヌ・ツ

 不確定の助動詞

 文語助動詞配列

 推量形による未来表現

 確信と推量

 記憶を表わすキ・ケリ

 西欧人の時のとらえ方


9 東西の力関係と主格助詞

 ガの歴史的変化

 ガとノの使い方の違い

 古代におけるウチ・ソト意識

 東歌におけるガ

 ガとノのはっきリした使いわけ

 ガの用法の発展

 佐太という侍の話

 『天草本平家物語』の文体

 東国におけるガの多用

 下にくる体言を条件づける


付 動詞活用形の起源

 音韻を手がかりに

 活用とは語尾を付け加えること

 母音は増減する

 上代特殊仮名遣の研究

 上代語音韻の組織

 音韻活用形との関係

 母音変化の道すじ

 連用形成立

 命令形成立

 終止形成立

 連体形成立

補註

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。