大矢透『韻鏡考』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

大矢透『韻鏡考』

大矢透

韻鏡考 一冊

 大矢透著。大正十三年刊。本書は著者の「假名遣通考?」の外篇第五編であり、韻鏡そのものについて全般に亘って本質的な研究をしたものであって、殊に(一)音圖成立時代(二)等位解釋(三)内外轉の別と十六摂目の用等に關する研究は本書の骨幹であり、かつて徳川時代學者によって未だ根本的研究をなされなかったものである。その研究は新説卓見頗る多く音韻學に貢獻するの甚大なものがある。

亀田次郎国語学書目解題」)

http://blog.livedoor.jp/bunkengaku/archives/50351373.html

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/970824

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。