大矢透『音図及手習詞歌考』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

大矢透『音図及手習詞歌考』

音圖及手習詞歌考 一冊

 大矢透著。大正七年出版。本書は五十音圖及び手習詞歌阿女都千詞大爲爾歌及び伊呂波歌)についてその形質製作年代及び作者について研究したもので、五十音圖に於いては三十五種の五十音圖を蒐集し、之を悉曇と對比して三種に分ち、またその作者吉備眞備であるとの説を排して平安朝初期に圓仁の流派に出でたものとしてゐる。又手習詞歌については「あめつち」の詞は奈良朝末から天暦の頃まで行はれたもので、伊呂波歌の源流とも見るべきものであり、「大爲爾」の歌はその二つの中間にあるものであると云ってゐる。而して作者は從來説くが如く空海ではなく、やゝ時代が降って天暦から永觀頃までに空也・千観?の徒によってなされたものと論じてゐる。この伊呂波歌作者については後高野辰之氏が之に對して空海説をたてたが、全體として本書は確實な資料に依って緻密に考證したものでこの種研究の基礎となるもの。その所論は學界の承認する所である。

【參考】

* 日本歌謠史 高野辰之大正十五年刊。

亀田次郎国語学書目解題」)

音圖及手習詞歌考 おんづおよびてならひしかかう 語學書 一册

著者大矢透

【刊行】大正七年八月

【内容】本書は、著者國語調査委員會の囑を受けて研究に着手した「假名通考」(假名源流考參照)の本編第五篇に當るもので、同會廢止後研究を完成したものである。内容は五十音圖及び手習に用ひられた詞歌(阿女都千詞.大爲爾歌伊呂波歌)について、その形質、製作年代及び作者を研究したものである。まづ五十音圖については、著者古今の典籍を探つて蒐集した三十五種の五十音圖異同によつて三種に分ち、その原形を考へ、次に製作年代と作者については、吉備眞備説・神傳説の採用し難い事を論じ、その最古の圖は平安朝初期(承和から元慶頃まで)、圓仁の流派から出たものと推斷し、我國の音圖としての五十音圖の價値については、音圖音韻を主とせず、清濁用の假名を示すに止まるものであるが、これに依つて假名を制限し、動詞等の活用に便である點は、大に多とすべきであると記してゐる。

次に手習詞歌について、まづ「あめつち」の詞の出典を擧げ、語句解釋し、次に「あめつち」の詞は、奈良朝末から天暦の頃まで行はれたもので、伊呂波歌の源流と見るべきものであると斷じ、次に「大爲爾《タヰニ》」の歌をあげ、「あめつち」の詞と伊呂波歌の中間にあるものであると説いてゐる。

次に伊呂波歌について「伊呂波歌研究の理由」「伊呂波歌及び之に關することの古書どもに見えたるもの」、「伊呂波歌の観察「寶龜以後氷観までの歌調」「空海時代草假名字體」「天暦時代以上の音數」「天暦以前伊呂波歌存在の跡無し」、等と章を分けて説き、次に伊呂波歌空海の作に非ずと斷定し、その證據として上來記した所を概括して、

(一)七五四句を以て一章とする和講式歌謠は、天祿以前には無い。

(二)空海時代には、伊呂波の如き極《ごく》略草の字體は殆ど存在しない。

(三)奈良朝から延喜頃まではア行のエヤ行のエが區別せられてゐるのに、伊呂波歌にはこの別が無い。又「性靈集?」「凌雲集」等に空海伊呂波を作つたとの明證なく、「宇都穗物語?」「口遊」等にも「あめつち」の詞や「たゐに」の歌を出して伊呂波を出してゐない。伊呂波歌の見える最初の文獻は、承暦三年書寫の「金光明最勝王經音義」で、空海より二百七十餘年後である。依つてそれは空海の作でも又その時代の作でもない。伊呂波歌天祿から永觀頃までに成つたと思はれ、その作者空也・千觀、或はその徒の手に成つたものであらうと記してゐる。

【價値】正確な資科を蒐集し、その考證を第一として居るのであるから、結論に於ては異論があるかも知れないが、資料の蒐集研究としては永久に價値を有するものであつて、音圖及び手習詞歌研究の某本となるものである。本書或はその一部の批評は、吉澤義則氏の「國語國文の研究」、高野辰之氏の「日本歌謠史」等に見えてゐる。 〔龜田〕

http://blog.livedoor.jp/bunkengaku/archives/25242302.html



近代デジタルライブラリー


http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/PDF/miseiri/ooyaonzu/


序説

第一章 五十音圖

 第一節 五十音圖の蒐集

 第二節 五十音諸圖の異同

 第三節 五十音圖の種類及び構成

 第四節 五十音圖の製作時代及び其の作者

 第五節 我が國の音圖としての五十音の價値

第二章 阿女都千ノ詞

 第一節 阿女都千ノ詞の出典  http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20110415

 第二節 阿女都千ノ詞に對する先哲の所見 http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20110416

 第三節 阿女都千ノ詞の成立 http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20110417

 第四節 阿女都千ノ詞の行はれし時代 http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20110418

第三章 大爲爾ノ歌  http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20110414

第四章 伊呂波歌

 第一節 伊呂波歌研究の理由

 第二節 伊呂波歌及び之に關することの古書どもに見えたるもの

 第三節 伊呂波歌の觀察

 第四節 寶龜以後永觀までの歌調

 第五節 空海時代草假名字體

 第六節 天暦時代以上の音數

 第七節 天祿以前伊呂波歌存在の跡無し

 第八節 伊呂波歌空海の作ならさる斷定

 第九節 伊呂波歌製作時代及び其の作者の推測

結論

附録 五十音圖證本

五韻次第の首に挙げたるもの           谷森5

孔雀経音義の末に付記せるもの          谷森22だが、大矢の発見

古写本反音作法に見えたるもの          谷森6

異本古写本反音作法に記したるもの        神尾文次郎大矢透に貸与したもの

梵字形音義に出せるもの             谷森7

悉曇要訣に記せるもの

古写本法華単字の末に付記せるもの        田中勘兵衛の影写による

悉曇反音略釈に見えたるもの           橋本進吉の影写

9a古写本教長古今集註               篤胤 (谷森9)

9b顕昭古今集註                  谷森9

9c顕昭古今袖中抄?                 谷森9

9d仮名日本紀?                   小杉榲邨の影写

10管絃音義中に行列共に散在せるもの*        谷森10 篤胤

11古写本悉曇秘表紙裏に記せるもの*

12悉曇秘巻末に見えたるもの

13密宗肝要抄下に挙げたるもの           谷森8

14悉曇相伝に記されたるもの            橋本進吉

15建仁四年具注暦の裏に写せる反音抄に見えたるもの (高山寺旧蔵)田中勘兵衛

16古写本梵字音口伝中に行列の散見せるもの

17古写反音抄に挙げたるもの            谷森13(帝室博物館?

18悉曇字記明了房記に示せるもの          (帝国図書館

19悉曇輪略図抄に見ゆるもの*

20反音作法に付記せるもの             谷森6と同資料

21倭片仮字反切義解に出せるもの          谷森3 篤胤

22二中歴中に載するところ             谷森14 佐藤誠実

23法華経音義に見えたるもの            谷森17

24古写本韻鏡字相伝口授に見えたるもの       (大槻文彦

25異本仮名遣近道に記されたるもの         谷森5' 「谷森善臣氏の手写せるものによる」

26古写本読経口伝明鏡集に見ゆるもの        (和田英松

27天文本和名類聚抄に記入せるもの          谷森4 篤胤

28寛永版韻鏡?の首に出せるもの           篤胤

29和字正濫抄に示したるもの            篤胤

30和字解に挙げたるもの

31和字大観鈔に挙げたるもの            篤胤

32語意考に挙げたるもの              篤胤

33あゆひ抄に記せるもの              篤胤 谷森雑稿十郎

34漢字三音考に記されたるもの           篤胤

35古史本辞経改訂せられたるもの

http://opac.ndl.go.jp/recordid/000000562839/jpn

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。