大田栄太郎『郷語書誌稿』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

大田栄太郎『郷語書誌稿』

大田栄太郎

『郷語書誌稿』国書刊行会

1983.02

  郷語書誌稿目次

序文(野元菊雄)

凡例


全国篇

一、『人国記』─その作者及び信憑度─

二、『志不可起』の考証─関東方言資料というより関西方言集であろう─

三、『物類称呼』の成立吾山伝記抄─

  追記(一) 『諸国方言物類称呼』の巻五「言語」について

    (二) 鰤・信濃太郎など

    (三) 江戸版から大阪版への移動推考

    (四) 吾山伝記

四、安心斎五福?の『吾妻の家土産』と西沢綺語堂?の『皇都午睡』について

  追記 我自刊本皇都午睡』について

五、『東西言葉合せ』(一枚刷)について

六、『方言』(国立国語研究所蔵・稿本)─田中館愛橘の計画か─

七、『各国各地/方言訛音集』(国立国語研究所蔵・稿本)─羽柴雄輔か─



東北篇

一、『御国通辞

二、『杜陵方言考

三、『仙台言葉以呂波寄

四、『方言達用抄』─贅庵とは桜田景雄?にして桜田権太夫?に非ず─

五、『浜荻』(仙台)─著者匡子は婦人なるや─

六、『仙台方言』─堀田水月?公の作といわれる─

七、『仙台方言』(大里源右衛門序)─桜田周輔?原作という─

八、『方言改良論』(青田節)─国語匡正の最初ではない─

九、『はまおぎ』(国立国語研究所蔵)─福島地方の資料

一〇、『荘内浜荻』─江戸語教科書(会話集)の先駆書で、中濁?の初めての記号書─

一一、『荘内方音攷』─著者の伝記─

一二、『荘内方言考」について

一三、『村山地方方言取調書』について

一四、『米沢言音考』について

一五、ダラスの『米沢方言



関東

一、『登古路言葉』(はまをぎ?)の考証(国分剛二氏蔵)

  ─群馬県伊勢崎近傍の資料か─

二、『常野採薬記(日光採薬記)』(写本)  

三、『新編 常陸国誌』の郷語部について

四、『茨城方言集覧』と『茨城百科全書』(方言部)─後者は転載書─

五、『北相馬方言集

六、『香取郡方言調査書』(国立国語研究所蔵・稿本)



中部篇

一、『方言雑集』─一茶遺稿─

二、『越佐方言集

  付録イ、『烹雑の記』(にまぜのき)

    ロ、『越後土産』(初篇)に現われたる郷語

三、『北安曇郡方言取調』長野県郷語研究の導火線─

四、『東筑摩郡方言』─当時県下第一の名著─

  付録 『信州方言入鳥保呉』(国立国語研究所蔵)

五、『独寝

六、『甲斐国方言』(岩瀬文庫所蔵・稿本)─西山梨郡方言か─

七、『三河物語

八、『尾張方言』─歿年十三年前頃の作─

九、『宮訛言葉の掃溜』─『嘉多言』を摸したか─

一〇、『浪越方言集』(国立国語研究所蔵・稿本)

一一、『稿本大野郡方訛言集』─正語教育訛音矯正のむずかしさを知る─

一二、『養老方言集』について

一三、『岐阜県方言』について

一四、『加賀なまり

一五、音韻口語法/取調ニ関スル事項(私立石川県教育雑誌第三拾一号付録)



関西

一、『嘉多言』(片言)の著作及び出版動機とその内容及び価値に関する一考察

二、『浮世鏡」─その著者をめぐる問題─

三、『重宝記大全』(『不断重宝記大全』)─諸国かたこと

    付録 『重宝記大全」の序文雑感

四、『世話重宝記』と『世話類聚』について─その類聚の著者など─

五、『世話重宝記』の世話片言について(国立国会図書館蔵)

六、『男重宝記』、─「日本諸国詞つかひ」と「かた言なをし」の出典

七、『日本諸国名物往来』─「国々詞つかひ」と「世上詞の云ひちがひ」の出典

八、『負笈日歴』に現われたる京都出雲語資料

九、『浪花聞書』について

一〇、『新撰大阪詞大全』について

一一、『丹波郷談』について

   追記 『丹波郷談

一二、『大阪のをさな言葉』─『幼児の言語』という本と如何なる関係のものか─

一三、『田辺方言』 ─明治前期における驚異的刊行物─

一四、詞葉新雅─作歌用の里言雅言対照辞書


中国四国

一、『出雲言葉のかきよせ』─明治期国語改良指導書として最初か─

二、鹿持雅澄の『幡多方言

三、『隠岐国訛音調査表』



九州

一、『菊池俗言考

二、『筑紫方言』(都久志ことば)

三、『南山俗語考

四、『豊国方言集』(稿本)について

五、『東語簡要』に現われたる敬語二、三について

六、『浮羽郡方言調査書』

七、『はまをぎ』(筑後藩内久留米方言集)

八、『福岡県内方言集』を讃える

九、『大分県方言類集』

一〇、『佐賀県方言辞典』

一一、『佐賀県方言語典一斑』に思う

一二、『大石兵六物語



琉球

一、『穀物並諸品諸道具の名』(仮称)─琉球語資料

二、『沖縄対話』─地方言教育の先駆書─

三、『奄美大島方言調査』(稿本)

四、混効験集



付録篇

一、『東大寺諷誦文稿』に現われた方言区画について

二、『嘉多言』(片言)から、『物類称呼』に至る方言・郷語資料系統表稿

三、『嘉多言』(片言)から『重宝記類』に至る語彙比較の概略表

四、郷語方言資料年表稿

五、参考資料


あとがき

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。