大田垣仁「換喩と個体性

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

大田垣仁「換喩と個体性

大田垣仁

換喩と個体性 名詞句単位の換喩における語用論的コネクターの存否からみた」

 『待兼山論叢』 (第45号),大阪大学文学会.

http://hdl.handle.net/11094/25124

井元秀剛(1995)「役割・値概念による名詞句の統一的解釈の試み」 『言語文化研究』21,97-117,大阪大学大学院言語文化研究科.

    (2001)「メンタルスペース理論における定名詞句指示について」『言語における指示をめぐって』 (言語文化研究プロジェクト2000),21-35,大阪大学大学院言語文化研究科.

    (2006)「コピュラ文をめぐる名詞句意味論語用論」『シュンポシオン 高岡幸一教授退職記念論文集』13-22,朝日出版社.

大田垣仁(2010)「換喩述定 内の換喩における流動的な名詞句解釈のヴァリエーションと成立可否の観点からみた」 『語文』94,44-56,大阪大学国語国文学会.

金水敏(1990)「「役割」についての覚書」 『ことばの饗宴 筧壽雄教授還暦記念論集』,351-61,くろしお出版.

國廣哲彌(1997)『理想の国語辞典』,大修館書店.

佐藤信夫(1982)「転義あるいは比喩のかたち」『理想』12,18-31,理想社.

瀬戸賢一(1997)『認識のレトリック』,海鳴社.(=『レトリック宇宙』,1986年,海鳴社を改訂したもの)

西村義樹(2004):「換喩言語学」 『レトリック連環』,風間書房,85-108

(2008):「換喩認知言語学」 『ことばのダイナミズム』 ,71-88,くろしお出版.

森雄一(2001):「提喩および「全体-部分」の換喩における非対称性について」『日本認知言語学会論文集』1,12-22,日本認知言語学会.

(欧文略)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。