大田垣仁「指示的換喩と意味変化

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

大田垣仁「指示的換喩と意味変化

大田垣仁

指示的換喩意味変化――名前転送における語彙化のパターン」

『日本語の研究』5-4『国語学』239

指示的換喩名前転送普通名詞固有名詞語彙化

石田秀雄(2001):「固有名普通名詞化――メトニミーシネクドキとの関連から――」『大阪教育大学英文学会誌』46,123-32,大阪教育大学英文学会.

今仁生美金水敏(2000):『意味と文脈』(現代言語学入門4),岩波書店.

井元秀剛(1995):「役割・値概念による名詞句の統一的解釈の試み」『言語文化研究』21,97-117,大阪大学

    (2001):「メンタルスペース理論における定名詞句指示について」『言語における指示をめぐって』(言語文化研究プロジェクト2000),21-35,大阪大学.

    (2004):「スペースと名詞句解釈」『言語における時空をめぐってn』(言語文化共同研究プロジェクト2003),1-12,大阪大学.

大田垣仁(2008a):「名詞の関数的な側面からみた指示的換喩の2つのタイプ――名前転送役割転移――」,関西言語学会第33回大会発表レジュメ.

     (2008b):「換喩意味変化  名前転送における語彙化のパターン――」 日本語学会2008年度秋季大会予稿集.

  (2009):「名詞の関数的な側面からみた指示的換喩の2つのタイプ――名前転送役割転移――」『KLS』29,23-33,関西言語学会.

加茂正一(1944):『新語の考察』,三省堂.

金水敏(1990):「「役割」についての覚書」『ことばの饗宴一一筧壽雄教授還暦記念論集一』S351-61,くろしお出版.

ギロー,ピエール(著)、佐藤信夫(訳)(1990):『意味論』(文庫クセジュ),白水社.

楠見孝(2005):「認知心理学から見た比喩『日本語学』5月号,26-35,明治書院.

國廣哲彌(1982):『意味論の方法』,大修館書店,

窪園晴夫窪薗晴夫(2002):『新語はこうして作られる』,岩波書店.

瀬戸賢一(1997):『認識のレトリック』,海鳴社.

辻幸夫(1991):「カテゴリー化の能力と言語『言語』20(10),46-53,大修館書店.

     (編)(2002)二『認知言語学キーワード事典』,研究社.

穂積陳重[著]穂積重行[校訂](1992):『忌み名の研究』,講談社学術文庫,講談社.[穂積陳重「諱に関する疑」『帝国学士院第一部論文集』(邦文第2号)(1919年3月)/穂積重信穂積陳重『実名敬避俗研究』(1926年6月、刀江書店)を孫の穂積重行が整埋したもの]

前田富祺(1985):『国語語彙史研究』,明治書院.

巻下吉夫瀬戸賢一(1997):『文化と発想とレトリック』(「日英比較選書」1),研究社.

宮島達夫(1994):『語彙論研究』,むぎ書房.

     (1996):「カテゴリー多義性」『日本語文法の諸問題  高橋太郎先生古希記念論文集』(ひつじ研究叢書(言語編)第14巻),29-52,ひつじ書房.

(欧文略)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。