大槻文彦

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

大槻文彦

大槻文彦 國語學者

本名】清復《きよまた》、通稱復三郎、後、文彦と改む。【號】復軒

【生歿】弘化四年十一月十五日生れ、昭和三年二月十七日歿す。享年八十二.

【法號】言海松陰文彦居士

【墓所】東京品川東襌寺内

【家系】曾祖父茂蓄は玄梁と號し、醫を以て一關侯に仕へた。祖父茂質は蘭學者で、盤水と號し、仙臺藩の侍臣、幕府の蠻書和解御用を勤め、父清崇は磐溪(別項)と號した。如電はその兄である。

【閲歴】江戸木挽町に生れ、祖父の學を繼がうとして洋學に志したが、先づ父から漢學を受け、十五歳の時林大學頭の門に入つて漢學を修め.翌年江戸開成所に入つて英語・數學を修め、十七歳の時仙臺藩黌養賢堂に入り、間もなくその助教となる、慶應二年(二十歳)五月、仙臺藩から洋學稽古人を命ぜられ、十二月横濱に赴き、米人パラに從つて英語を修め、翌年また米人タムソンに從學した、

その間、一方學資を得るため「萬國新聞紙」の記者となり、西洋新聞飜譯をした。明治元年正月以後.仙臺藩の爲に政治的運動を爲したが、明治三年より又學事につとめ、同年五月東京大學南校に入り、英語・數學を修め、翌年には英語私塾に入り途にその塾長となつた。

同五年(二十六歳).名を文彦と改めたが、同年十月文部省に出仕し、英和對譯辭書の編輯を命ぜられた。翌年宮城師範學校長になつたが、同八年免ぜられて東京に歸り、文部省から日本辭書編纂を命ぜられた、この辭書は脱稿するまでに十年の歳月を要したが、その起稿中、同十一年文法會を起して同志と共に日本語の文法討論研究し、また同十六年、同志と

「かなのとも」を發行して假名説(別項)を主張し國字問題に盡力した.明治十九年辭書は脆稿したが、文部省では出版不能の爲、稿本著者に下附したので、同二十一年から三年間に「言海」(別項)として自費出版をしたが、後に數百版を重ねた、同二十五年五月宮城書籍館長となり、同年十二月宮城縣尋常中學校長に任ぜられ、同二十八年辭して東京に歸つた、

彼は夙に西洋の如き整備せる文典日本にないのを慨き、自ら日本文典を編まうと志し、獨力で國語學を修め、又、文法會において同志と共に研究し、その成果の大要を録して「語法指南」と題して「言海」の卷頭に附したが、同三十年に改訂を加へて「廣日本文典」(別項)及び

「別記」として刊行した。この書も亦廣く世に行はれた、同三十二年、文學博士となり、同三十三年、文部省國語調査委員會の設立の際、その委員を囑託せられ、後三十五年、同會の主査委員となり、主として口語文法の調査を擔任した。同四十一年五月臨時假名遣調査委員會委員を仰付けられ、同會に於て表音的假名遣を主張した、同四十四年三月帝國學士院會員を命ぜられた、大正二年國語調査委員會は廢止せられたが、彼の草案による「口語法」及びその著「口語法別記」(別項)は.大正五年及び六年に刊行せられた。その後、「言海」の改訂に專心し、完了を見ずして逝いたが、歿後昭和十二年に至つて「大言海」(言海參照)として完成した.

【著作】

語學關係〕言海

大言海

語法指南(明治二十三年十一月刊)

廣日本文典○同別記

○中等教育日本文典初歩一册(明治三十一年十一月刊)

○修正日本文法教科書二册(同三十三年十一月刊)

國語綴字教科書一册(同三十四年十月刊)

日本文法中等教科書一冊(同三十五年四月刊)

口語法別記

〔史傳關係〕萬國史略三册(明治八年刊)

○羅馬史略十冊(同十四年刊)

校正日本小史三卷(同十八年刊)

○伊逹行朝勤王事歴一册(同三十三年刊)

○伊逹正宗南蠻通信事略一册(同三十四年刊)

箕作麟祥君傳一册(同四十年刊)

○磐溪先生事略一册(大槻如電と共著、同四十一年刊)

○伊逹騷動實録一册(同四十二年刊)

○佐藤素拙傳一册(同四十五年刊)、

地誌關係〕

北海道風土記三十卷(明治二年脱稿)

琉球新誌三卷二冊(同六年刊)

琉球諸島全圖付圖解一冊(同六年刊)

○小笠原島新誌並附圖二冊(同九年刊)、

 〔飜譯

支那文典一册(明治十年刊)

言語篇一珊(同十九年刊)、

〔雜〕復軒雜簒?二册(明治三十五年刊、論文集)

日本暗射圖一册(同七年刊)

印刷術一册(同十四年刊)

○石版術(同年刊)

○伊香保志(同十五年刊)、

【業績】學界に於ける業績として、第一に擧ぐべきは、「言海」及び「大言海」の編著である。「言海」は著者の生涯の過半を費した苦心の結晶であるが、その組織内容共に、明治時代國語辭書の最高權威で、日本辭書史上に一時期を畫するものであり、爾後の國語辭書の模範となつた。第二は「廣日本文典」の著作である。本書も著者が二十餘年の苦心になるものであつて、明治時代の國文典の最高權威であり、洋式丈典應用の中古文典としては、當時に比類なく、日本文法學上に著しく寄與した、又著者口語法の研究に心を潜めて國語調査委員會編纂の「口語法」の骨子を作り、貢獻した。又「口語法別記」に於て、語法の歴史的地理的考察を試みたが、これも亦注目すべき業績である。

【參考】國語と國文學(昭和三ノ七.追悼號)

明治國語學大槻博士 野村八良(明治文化.昭和三ノ四)

大槻博士のこと 松井簡治(國民新聞.昭和三ノ二)

            〔龜田次郎

http://blog.livedoor.jp/bunkengaku/archives/24925375.html

PDD図書館獨澄旻さん)の人名辞典に項目あり。
http://www.cnet-ta.ne.jp/p/pddlib/biography/frame.htm


国史大辞典 山田俊雄

冨山房国史辞典 大槻茂雄

大槻文彦年譜

http://home.soka.ac.jp/~hkaneko/etxt/otukinenpu.html

* はてなダイアリーキーワード:大槻文彦

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。