大原穣子『故郷のことばなつかし

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

大原穣子『故郷のことばなつかし

大原穣子(1994)

『故郷(ふるさと)のことばなつかしードラマによみがえる方言』(新日本出版社)


序章 方言指導の二十年

第1章 ドラマの中の方言

   寅さんと方言

   旅もまた、楽しからずや

   八戸紀行、曇のち晴

   私の方言指導

方言指導は格闘技にも似て

時代劇方言

時代を生きぬいた人々をドラマ


   「今どきの若いもん……」

第2章 ふるさとは美し

ところ変われば品変わる

嫌じゃありませんか、

ふるさとの島は美し

昔と今の子どもたち

戦争はー


   「あなた元気でそばが良い」

第3章 ことばの風景

   むかし「ハハ」は「パ。パ」だった。……なーんでだ?

「洗谷」あろうだにと「洗谷」あらいだに/「あくたれ」にみる、日語歴/思いやる心から美しい

ことばが/ふるさとの土の香、方言/「ヤノアサッテ」「シアサッテ」/「ヤノアサッテ」「シアサッテ」パートH/バブルの女王/

十歳のあの暑い夏の冂/イタイノ、イタイノ、トンデイケ!/方、..口と身振り/サタンのことば/「ピース・アニメ」とミホ・シボさん/

「つるにのって」/ニューベリーA/ことばとイメージ/歴史を学ぶ/「きのう」「おととい」「さきおとつい」/「いっつもおおきに」/「焚き火」と「こっぴ」/アメリカの被爆者/正月の寅さん/船橋先生/天満の子守歌/夫婦喧嘩/「天国と地獄」/方、肩の

味わい/イモと時代/たかが鰯、されど鰯/挨拶ことば


書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。