大内熊耳

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

大内熊耳

オホウチ イウジ 大内熊耳 肥前唐津侯の儒員、名は承祐、字は子綽、忠太夫と稱す 熊耳は其號、陸奥三春の人、唐津侯に仕ふ 其先は百済國餘璋の太子琳聖より出たり 故に餘を以て姓とす 初め秋元子帥に學ぶ 後徂徠に謁す 時人當今の子鱗と稱す、安永五年四月歿す年八十(鑒定便覧)


http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/daijinmei/O/o110.html

PDD図書館獨澄旻さん)の人名辞典に項目あり。
http://www.cnet-ta.ne.jp/p/pddlib/biography/frame.htm

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。