多賀敏行『「エコノミック・アニマル」は褒め言葉だった

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

多賀敏行『「エコノミック・アニマル」は褒め言葉だった

――誤解誤訳の近現代史

多賀敏行

2004.9.20

まえがき

第1章 「日本人は十二歳」の真意――この一言で、マッカーサー元帥は日本人に嫌われてしまったのだが……。

第2章 「エコノミック・アニマル」「ウサギ小屋」は悪口か――二つの言葉には、日本への意外な高評価が隠されていた。

第3章 アーネスト・サトウと山下将軍の無念――外交の場では小さな勘違いが致命傷になる。そこに悪意はなくても……。

第4章 暗号電報誤読の悲劇――日米開戦前夜――悪意に溢れた米国側の「誤訳」が、日米開戦のきっかけだった!

第5章 漱石の鬱屈、魯迅の感動――イギリスで屈辱を味わった文豪と日本の人情に触れた文豪。

第6章 ダイアナ妃とブッシュ・シニアの文法――世界を揺るがせたプリンセスの三人称。大統領が見せた言語学の知識。

第7章 存在しない「グローバル・スタンダード」という言葉――政財界がお題目にした「基準」は、日本でしか通用しない言葉だった!

第8章 ブッシュ・ジュニアの国連演説――単数か複数か、それが大問題だった。イラク戦争を巡る駆け引き。

第9章 騒動の中心はたったひとつの言葉――「うすのろ」「強情者」呼ばわりで大統領も首相も激怒。

あとがき

付録

1マッカーサーの上院答弁

2日米開戦直前の電報原文

3ウサギ小屋騒動のもとになったECの報告

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。