外池滋生「日英語における多重WH構文の扱いと島の制約」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

外池滋生「日英語における多重WH構文の扱いと島の制約」

外池滋生

『日本語疑問文の通時的・対照言語学的研究 研究報告書(2)』

多重WH構文

島の制約

http://j-int.info/wp-jint/wp-content/uploads/2015/05/%E5%A4%9A%E9%87%8DWH%E7%96%91%E5%95%8F%E6%96%87%E3%81%AE%E6%89%B1%E3%81%84%E3%81%A8%E5%B3%B6%E3%81%AE%E5%88%B6%E7%B4%84.pdf

WH 移動

b. [Focus /which linguist/] did John offend {which the}?

他方日本語では(5a)に示すように、焦点要素は「カ」という音形を持っており、WH 移動

はこれだけを移動することができる。演算子変項構造は演算子「どの」と変項として働く

定決定詞(と想定している)格助詞「を」との間で成り立っている。

(5) a. ジョンは[どの言語学者をカ]怒らせました -->WH 移動

b. ジョンは[どの言語学者を]怒らせましたカ

そして、このように見ると日本語英語の WH 疑問文派生構造は(6a)に示すように構

造的には同形で、線形順序において鏡像関係にあり、WH 句の構造も(6b)に示すように鏡

像関係にあることになる。

(6) a. CP b. CP


3

C'

C'

3

...

Focus {the} which linguist

qp

...どの言語学者

qp

カ...

WH 移動

(7) a. DP b. DP

Focus D' D' Focus

2 2

2 2 カ

D N N D

{the} which linguist どの言語学者

2.2 選言移動

外池(2014a, 2014b)で、日本語における未定詞と助詞「カ」と「モ」の関わりについて、

次のことを指摘した。

(8) a. 「カ」は選言∨(=or)で、Pick one という指示(direction)、「モ」は連言∧(=and)

で、Pick any/all という指示(direction)である。言い換えれば集合を引数

(argument)として取り、「カ」はその成員の一つを、「モ」はその成員のすべ

てを値として返す関数(function)である。

b. 焦点素性 Focus(Φ)は「カ」と「モ」とは別物で、WH 句、すなわち未定詞と

結びついている。

c. WH 移動は選言 「カ」/∨=Pick one を発話内力(Force)を司る C へ移動し、そ

れにより TP からなる命題の集合を引数としてとり、その一つを正しい値とし

て返す(ことを求める)。

d. DP d'. DP


2

∨ D' D'

2

D NP NP D

2 2

{the} 2 2 を

Φ which linguist どの言語学者 Φ

このような分析を採用すれば、英語・日本語の WH 句は(8d)のような姿をしていることに

なる。そして、Where are you going? は次に示す派生をたどることになる。

(9) a. [CP C-are you going [∨{the}Φwhere

WH 移動(∨Φと where の音の移動)--->

b. [CP [∨Φ/where/] C-are you going {theΦwhere}}]

c. 発音:Where are you going?

/Φwhere/は where(焦点強勢)となって実現。

d. 意味:[∨ C-are you going theΦwhere]

Φwhere は where が焦点であることを示す。

(9d)において、∨は命題の集合を引数としてとる位置にあり、これを Pick one という指示

と捉えた場合、発話内力と結びついて、聴者に、可能複数命題の集合の中からそれを

真とする未定詞の値を答えることを求めていると捉えられる。

同様のことが日本語においても起こるが、英語との違いは選言関数が「カ」という音を

伴っており、そのため、これだけが移動して、未定詞は元位置にとどまり、そこで演算子-

変項構造を作っていることである。

(10) a. 何処Φへカ]行く C] WH 移動--->

b. 何処Φへ]行く C カ]

c. 発音:何処へ行くカ

[何処Φへ]は何処へ(焦点強勢)として実現。

d. 意味:[何処Φへ]行く C カ

Φは「何処へ」が焦点であることを示す。

(4)の例にこれをあてはめると(11)に示す派生をたどることになる。which linguist の音形

/which linguist/の前にあるΦは、これが焦点強勢を担うことを捉えており、元位置に残っ

ているΦは{the which linguist}という演算子-変項構造が、∨が捉える疑問の焦点になって

いることを捉えている。

(11) a. C John (did) offend ∨{the}Φwhich linguist WH 移動--->

b. ∨Φ/which linguist/ C-did John offend {theΦwhich linguist}?

c. 発音:Which linguist did John offend?

d. 意味: [∨ C John did offend [theΦwhich linguist]

これに対応する日本語派生は(12)に示す通りである。

(12) a. ジョンは[どの言語学者Φをカ]怒らせました WH 移動-->

b. ジョンは[どの言語学者Φを]怒らせましたカ

c. 発音:ジョンは[どの言語学者を]怒らせましたカ

d. 意味:ジョンは[どの言語学者Φを]怒らせましたカ

(12b)のΦは音声的には(12c)のどの言語学者をで表されるように、この部分が焦点強勢を

担っていること、そして、(12d)で示すように、その部分が疑問の焦点になっていることを

捉えている。

3 多重 WH 疑問文 (外池 2014b)以降

Pick one という関数が命題を引数としてとるために CP の指定部に移動するのが WH 疑

問文の一般的なメカニズムであり、Pick any/all という関数が命題を引数としてとるため

に CP 指定部に移動するのが WH 譲歩文のメカニズムであるとする上述の分析が正しいな

らば、(13)(14)のような多重 WH 疑問文/多重 WH 譲歩文では、一つの Pick on/Pick any/all

複数の WH 要素と関係しているとするのが最も自然な分析であると考えられる。

(13) a. (彼が)誰に何を言ったか(知らない)

b. (君が)誰に何を言っても(うまく行かない)

(14) a. (I don't know) what he said to who.

b. (It doesn't work) no matter what he says to who.

このような例において捉えなければならないことは二つある。一つは、複数の「WH 句」

が疑問/譲歩の焦点であることで、そのためには複数の焦点素性Φが必要である。もう一

つは複数の WH 句が一つの疑問/譲歩の対照であることで、そのためには疑問では「カ」

/ ⋁を、譲歩では「モ」/⋀を共有する多重構造が必要である。これを疑問だけに限って表

すと(15)のような構造として捉えられる。

(15) a. DP b. DP

D'

2

カ ⋁

2

D'

N

2 2

P D D NP

誰Φ に {the} Φwhat

何Φ を {the} Φwho

これらの構造では、一つの選言関数が二つの未定詞を引数としてとっている。それぞれの

未定詞は焦点要素を一つずつ持っている。この一対多の関係が、複数の未定詞が、一つの

疑問と関係していることを捉えている。このような多重構造はこのままでは、線形順序が

決定できないので、派生は破綻するが、まず、to と併合し、said と併合すると(16a)の構

造になり、ここで said は直接目的語を必要としている。そこで、what を含んでいる方を

said の指定部に移動すると、(16b)が得られる。この移動は Nunes (2004)の側方移動

(Sideward Movement)を一般化した移動である。これにより、線形化できる構造(16b)が得

られる。その後動詞の繰り上げ、主語 he の併合、C の併合等を経て、(16c)が得られる。

ここで、⋁を CP 指定部へ移動する WH 移動が生じるが、⋁が音形を持たないため、(16d)

に示すごとく what の音形/what/を伴い、[⋁Φ/what/]が移動して、もとの位置には[{the

Φwhat}]が残る。

(16) a. said to DP

2

D'

D NP

2

{the} Φwhat

{the} Φwho

側方移動

[⋁{the}Φwhat]を指定部の位置に側方移動


b.

[⋁{the}

Φwhat]

3

said

3

to [{the}Φwho]

動詞の繰り上げ+主語 he の併合、C の併合等--->

c. ru ru

/said

[

WH

C wo

he

移動

qp

/

⋁{the}Φ

qp

what]

{said

3

} to [{the}Φwho]

d. ru

[⋁Φ/what/] ru


[{the

/said

he

C wo

qp

/ qp

Φ

{said

what}] 3

} to [{the}Φwho]

e. 発音: (I don't know) what he said to who

f. 意味: (I don't know) ⋁C he said [theΦwhat] to [theΦwho]

(16d)は(16e)として発音されるが、その意味構造は(16f)で、ここでは、一つの⋁が二つの

未定詞 what と who と関係して、多重 WH 疑問文意味構造を捉えている。

日本語の多重 WH 疑問文についても、⋁が「カ」という音形を持っている点だけがこと

なるが、他の部分は同じ扱いができる。(17a)では、「カ」を共有する多重構造 DP が動詞

iw-(言う)の補部として併合されている中から、[何Φを]カの部分がその指定部に側方移動

されると、(17b)が得られる。更に過去時制 ta が併合され、動詞が繰り上がると(17c)が得

られ、これに更に C が併合され、/i-ta/がそこまで繰り上がると(17d)が得られる。この段

階で、選言関数「カ」が単独で、CP 指定部に移動すると、(17e)が得られる。

(17) a.

ru ru

[誰Φに] iw-

[何Φを]カ 側方移動-->

b. ru ru [何Φを]カ

[誰Φに] iw-

過去時制 ta の併合と動詞の繰り上げ--->

c. ru ru /iw-/ta

ru[何Φを]カ

[誰Φに] {iw}

C の併合と/it-ta/の繰り上げ-->

d. ru ru /it-ta/C

ru {ta}

ru[何Φを]カ

[誰Φに] {iw}

WH 移動-->

e.

ru

qp

ru /it-ta/ C

ru {ta}

ru[何Φを]

[誰Φに] {iw}

f. 発音: 誰に何を言ったか

g. 意味: [誰Φに]iw][何Φを?ta] C カ]

(17f)がその発音で、「誰に」と「何を」は焦点強勢を持って発音される。他方、(17g)がそ

意味で、一つの選言関数「カ」が二つの未定詞と関係している。

以上の多重 WH 構文の多重構造分析は次のように要約できる。

(18) a. 多重 WH 疑問文は C に移動した Pick one を意味する⋁/「カ」の働きが複数

の疑問の焦点(=associates)に及んでいることにより捉えられる。

b. 多重 WH 譲歩文は C に移動した Pick any を意味する∧/「モ」の働きが複数

の譲歩の焦点(=associates)に及んでいることにより捉えられる。

4 伝統的な多重 WH 疑問文の扱い

これに対して、伝統的な多重 WH 疑問文の扱いを対して見ておこう。これまでの研究に

は二つの流れがあった。一つは Higginbotham and May (1981), Pesetsky (1987),

Richards (1999), Watanabe (1992) etc. などに見られる非顕在的 WH 移動を用いるもので、

図式的には(19)に示すものである。

(19) a. C he said what to who 顕在的 WH 移動-->

b. [what C he said to who] 非顕在的 WH 移動-->

c. [who [what C he said to

もう一つの伝統は Baker (1970)のもので、一つの Q により複数の WH 句を束縛させる分

析で、Pesetsky (1987)はそれを Heim(1988)の非選択的束縛(Unselective Binding) という

形で復活させることを提案し、元位置 WH 構文の処理には非顕在的移動と非選択的束縛の

両者が必要であると主張した。

しかし、非顕在的移動を用いるというのは、顕在的移動に加えて、もう一つ新たな種類

の移動を用いるという問題点がある。移動は音形を伴わなければならないという顕在的統

語論仮説のもとでは、非顕在的移動などというものは存在し得ないことになる。従って、

非顕在的移動なしで元位置 WH 構文が適切に処理できることを示せば、非顕在的移動を用

いることを主張する側に、証明責任があることになる。

他方、非選択的束縛は指示指標という概念的必然性が疑わしい道具立てを用いなければ

ならないという問題を内包している。指示指標などというものを使わないで Baker の洞察

を捉える方法を追求する事が求められているのである。上で示した分析は、非顕在的 WH

移動も、非選択的束縛も用いずに多重 WH 構文を捉えているから、非顕在的 WH 移動の

存在に疑問を投げかけているものと言える。1

しかし中島・池内(2005)は、英語において非顕在的 WH 移動があり、それが等位構造

約に従っていると仮定することによって説明できる事実があるという興味ある指摘をして

いる。

5 等位構造制約

中島・池内(2005)の議論は次のようなものである。まず、等位構造制約とは、「等位構造

からは何も取り出すことはできない」という Ross (1967)が提案した制約で、(20a)(21a)

に見られるように、顕在的 WH 移動を阻んでいる。

(20) a. *What did John play [checkers and t]?

b. *Who played [checkers and what]?

1 非選択的束縛についても問題を提起していると言える。筆者は非選択的束縛が必要であるとされる

Every farmer who owns a donkey beats it.のような例の扱いにも非選択的束縛など必要ないと考えてい

るが、紙面の都合上、ここではこれ以上扱わない事とする。

(21) a. *What did John bring [wine and t]?

b. *Who brought [wine and what]?

(20b)(21b)の多重 WH 疑問文では、元位置 WH 句は等位構造に含まれているが、これらは

文法的である。この事実は、これらの例の派生には非顕在的 WH 移動が関与し、かつ、

非顕在的 WH 移動も等位構造制約従うと仮定すれば、首尾よく排除できる。他方、非顕在

的 WH 移動がなく、従って(20b)(21b)において what は移動しないとなれば、等位構造

約によっては説明できない。この事実は、英語における非顕在的 WH 移動の存在を強力に

支持していると言うのが、中島・池内の主張である。

この議論は大いに傾聴すべきところを有しているが、問題もある。良く知られているよ

うに、日本語の元位置 WH 疑問文は(他の制約もそうであるが)等位構造制約に従わない。

等位構造内に「何」を含む(22a)も、また(22b)の多重 WH 疑問文も、日本語では文法的で

ある。

(22) a. ジョンはワインと何を持って来ましたか?

b. 誰がワインと何を持って来ましたか?

このような事実から、日本語については(23)にまとめる立場がこれまで採用されて来てい

るのである。

(23) 日本語では非顕在的 WH 移動が働き、それは島の制約に従わない。(Huang 1982,

Nishigauchi 1990)

他方、非顕在的移動も顕在的移動も同じ制約に従うとする方が理論的には遥かに望ましい

が、それでは日本語の事実が捉えられない。

ここで必要とされるのは、(20)(21)の英語の事実と、(22)の日本語の事実を矛盾なく統一

的に捉える分析である。

6 多重構造と多重 WH 疑問文

上で提案した多重構造と側方移動を用いる多重 WH 疑問文分析であれば、それが可能

なる。まず、日本語では「カ」は未定詞句と焦点Φをc統御していればよいという事実を

次の古語の例から確認することから始めよう。

(24) a. [いつの日に]か国に帰らん(島崎藤村「やしの実」)

b. 鶴がねの今朝鳴くなへに雁がねは[いづくさして ]か 雲隠るら む . (万葉集

2227)

現代日本語でも、選言関数「カ」は、焦点Φを c 統御する位置に発して、そこから移動す

ることができると仮定しよう。そうすると、日本語の WH 疑問文が Ross の島の制約に従わ

ない(ように見える)という良く知られた事実は、非顕在的移動を想定せずとも、まして

や非顕在的移動は島の制約に従わないという例外規定を使わなくとも、自然に説明できる。

6.1 島の制約

島の制約の代表例として複合名詞句制約を見よう。

6.1.1 複合名詞句制約

複合名詞句制約(Complex NP Constraint)は、後に下接の条件(Subjacency)として知

られるようになるが、関係節の内部から例えば WH 句を取り出すことを阻むという効果が

ある。

(25) a. *What did you find [the paper [that dealt with t interesting?

b. I found the paper that dealt with international relations interesting.

(25b)の international relations を尋ねようとして、これを what に換えて、(25b)のよう

に取り出すことは出来ない。他方、(25a)が意図する疑問は、日本語では、(26b)のように

表すことができ、全く問題ない。Huang, Nishigauchi では、これは日本語における WH

移動は非顕在的移動で、非顕在的移動は島の制約に従わないという規定(stipulation)によ

説明されてきた。しかし、「カ」が「何を」ではなく、(26a)に示すように「何を扱った

論文をΦ」の外にあって、ここから WH 移動を受けて(26b)が得られたとすれば、複合

詞句制約に違反しないのは当然のことである。2

(26) a. [何を扱った論文をΦ]カ 面白いと思いました C WH 移動-->

b. [何を扱った論文をΦ] 面白いと思いました C カ

2 これにより Nishigauchi の用いる LF Pied-Piping も不要となる。

6.1.2 等位構造制約

同様のことが等位構造についても成り立つ。(22a)の文法性は、「カ」が等位構造全体の

外にある(27a)から、「カ」を CP 指定部へ移動して、(27b)の構造をもつとすれば、この移

動は等位構造制約に違反していない。

(27) a. ジョンはワインと何をΦ]カ]持って来ました C WH 移動--->

b. ジョンはワインと何をΦ]持って来ました C カ

そして、多重構造と側方移動分析のもとでは、(22b)は次の(28a)の構造から発することに

なる。ここでは、[ワインと何をΦ]と[誰がΦ]が多重構造をなしており、選言関数「カ」を

共有している。重要なことは「カ」が等位構造の内部にないことである。 [誰がΦ]が「カ」

を伴って、主語の位置に側方移動すると、(28b)が得られ、ここから、「カ」が CP 指定部

に移動すると、(28c)が得られる。派生のどの段階においても、等位構造内部からの「カ」

の移動は存在しないので、等位構造制約が破られることはない。

(28) a. [ワインと何をΦ]カ 持って来ました C

[誰がΦ]

側方移動--->

b. [ワインと何をΦ] [誰がΦカ]持って来ました C

WH 移動--->

c. [ワインと何をΦ] [誰がΦ]持って来ました C カ

問題は英語の(21b)の非文法性である。多重構造と側方移動の分析の下では(21b)は二つの

WH 句が多重構造をなし、それが選言関数⋁を共有する(29a)のような基底構造から出発す

ることになる。これが、wine と統語構造を形成しているのが(29b)である。この(29b)全体

がまず brought の目的語の位置に併合され、(29c)が得られるが、ここで、主語の who(正

確には{the}Φwho)が選言関数⋁と共に主語の位置に側方移動を受けなければならない。

しかし、この側方移動は等位構造制約に違反して、等位構造の中から⋁{the}Φwho を取り

出している。

(29) a.



2 {the}Φwhat

{the}Φwho

b.

wine

2

2

and

2

{the}Φwhat

{the}Φwho

c.

brought

wine

3

2

2

2

and

2 {the}Φwhat

{the}Φwho

側方移動

[⋁Φ who]を切り離し、主語の位置に移動等位構造制約違反


d.

⋁{the}

Φwho

3 2

brought 2

wine 2

and {the}Φwhat

つまり、(21b)は等位構造制約の違反であるが、それは非顕在的 WH 移動のためではなく、

疑問演算子⋁を共有する多重構造の一部を目的語の位置から主語の位置に移動する側方移

動のためである。3

この分析が正しければ、非顕在的 WH 移動も、非選択的束縛も必要なく、単に、一つの

選言関数が複数の引数(arguments)を取る多重構造から側方移動で、それぞれの位置に

WH 句が併合されるという形で、必要なことはすべて処理される。

6.2 より複雑な場合

更に複雑な例として Lasnik and Saito (1992)の例、(30a)を見てみよう。(変項としての

the は省略。)このような例も多重構造+側方移動で説明できなければ意味がない。

(30) a. Who wonders who bought what? 多義

b. Who wonders who bought what

b'. John wonders who bought what.

c. Who wonders who bought what

c'. John wonders who bought the yacht.

Bill wonders who bought the car …

3 英語においても日本語と同じく、wine and what と who を多重構造にして、それに選言関数を併合す

れば、who の側方移動が等位構造制約に違反しないですむため、これを阻む要因を想定しなければなら

ない。一つの可能性は、英語では、選言関数と WH 要素との c 統御関係は可能な限り近接していなけれ

ばならないというような制約が存在するが、日本語ではそのような制約がないということであるが、こ

の点については更なる研究が必要である。

捉えられるべきことは、(30a)が多義的で、従属節中で WH 移動を受けている who は

従属節において解釈されるが、(30b)のように主節の who だけが焦点強勢を持つ場合に

は、(30b')のような答えを要求するのに対して、(30c)のように主節の who と従属節

の what の両方が焦点強勢を持つ場合には、(30c')のような答えを要求するという事実

である。これを捉えるためには、WH 表現それぞれが、最終的にどの CP との関係で

解釈されるかを区別する方法が必要である。そこで、従属節、主節の CP で働く二つ

の選言関数を(31)に示すように、前者を⋁1 と後者を⋁2 と表記して区別することにしよ

う。(上付き数字はあくまで表記上の区別であって、指標の類いではないことに注意。)

⋁1 と併合された多重 WH 句はともに従属節解釈されるから、(31a)から、側方移動

で⋁1 who が主語の位置に移動されると、(31b)にある従属節が得られる。二つのΦに上付

きの数字がふってあるが、これも⋁1 との関係を示す便宜的なものである。これに wonder

が併合され、その主語の位置に主節の選択関数を伴う⋁2Φ2who が併合されると、(31d)が

得られる。これに主節の⋁2Φ2who を移動する WH 移動が適用すれば、主節の who だけを

尋ねる(30b)の派生が完成する。

(31) a. bought ⋁1Φ1what

Φ1who

⋁1Φ1who の側方移動(WH 移動は省略

b. ⋁1Φ1who boughtΦ1what wonders の併合

c. wonders ⋁1Φ1who boughtΦ1what 別の ⋁2Φ2who の併合

d. ⋁2Φ2who wonders ⋁1Φ1who boughtΦ1what (WH 移動省略

この結果、主節は単一 WH 疑問文で、主節の who だけが焦点強勢を受ける。

他方(30c)の派生は(32)に示すもので、(32a)の段階では、従属節主語従属節で働く選

言関数⋁1 を持っており、目的語の位置には主節で働く選言関数⋁2 と結びつく what と who

が多重構造をなしている。(従属節中の WH 移動の記述は省略。)主節動詞 wonders が併

合されると(32b)が得られるが、その主語の位置にΦ2who が⋁2 を伴って、側方移動すると、

(30c)が得られる。

(32) a. ⋁1Φ1who bought ⋁2Φ2what

Φ2who(WH 移動省略

wonders の併合

b. wonders ⋁1Φ1who bought ⋁2Φ2what

Φ2who

⋁2Φ2 who の側方移動

c. ⋁2Φ2who wonders ⋁1Φ1who bought Φ2what(WH 移動省略

Φ2 は主節における焦点強勢を表すから、二つの焦点強勢をもつ多重 WH 疑問文が得られ

る。

更に極めつきが(33a)である。これは、(33b)のような答えを要求する多重疑問文である

が、(34)に示す派生を辿ることになる。

(33) a. Who wonders what who bought

b. John wonders what Mary bought

Bill wonders what Chris bought, …

(34a)では、従属節目的語従属節の選言関数を⋁1 持っていて、主語の位置には主節の

選言関数の⋁2 を二つの who が共有している。従属節における WH 移動は、従属節の選言

関数を移動するから、主語の位置にある who は無視して、目的語の what が移動されて、

(34b)が得られる。優位性条件(Superiority Condition)違反が生じているように見えるが、

二つの who と what との間には優位性についての競合関係がないから問題とならない。主

動詞 wonders の併合の後(34c)が得られ、その主語の位置にΦ2who が⋁2 を伴って側方移

動を受けると、(34d)が得られる。

(34) a. ⋁2Φ2who bought ⋁1Φ1what

Φ2who

⋁1Φ1what の WH 移動

b. ⋁1Φ1/what/ [⋁2Φ2who bought {Φ1what}]

Φ2who

wonders の併合

c. wonders [⋁1Φ1/what/ [⋁2Φ2who bought {Φ1what}]

Φ2who

⋁2Φ2who の側方移動

d. [⋁2Φ2who wonders [⋁1Φ1/what/ [Φ2who bought {Φ1what}]

この結果は、主節の多重 WH 疑問文で、二つの who が焦点強勢を受ける。

以上見たように、一つの選言関数(「カ」/⋁)を共有する多重 WH 構造が、あるθ位

置を占めているところから、一つを残して残りの WH 句が選言関数を伴い側方移動し、最

後に選言関数が CP 指定部に移動するというやり方で、多重 WH 疑問文について記述すべ

き点はすべて問題なく捉えることができることが判明した。また、中島・池内の指摘する

等位構造制約に関する問題も、非顕在的移動を用いなくとも解決できることを見た。

7 多重 WH 疑問文における言語間の変異

残る問題は、はじめに見た言語間の差異の扱いである。(1)の例を(35)として採録する。

日本語英語の違いは、英語では WH 要素が一つ主節の先頭にでているが、日本語では、

「どの上院議員が」は先頭にあるが、「どの本を」を先頭に置くこともできれば、何か違う

表現を先頭に追加することもできるため、先頭という位置が特別な地位を持たず、逆に、

文末には「カ」がなければならないということである。他方ブルガリア語では、二つの

WH 要素が、いずれも先頭に出て来ている点である。

(35) a. Which senator denied the rumor that he wanted to ban which book? (英

語:一つだけ WH 移動)

b. どの上院議員がどの本を発禁にしたいと思っているという噂を否定しました

か (日本語:WH 移動なし?)

c. Kojj senator koja knigai tj otrece malvata ce iska da zabrani tiwhich senator

which book denied the-rumor that wanted to ban

まず、英語では、選言関数⋁が音形を持たず、顕在的統語論仮説からして、選言関数の CP

指定部への移動は WH 句を随伴しなければならないという事情により説明される。(36a)

構造から、⋁Φwhich senator の側方移動により、(36b)が得られ、主節動詞 denied の併

合の後、その主語の位置へ、⋁Φwhich senator が定決定詞のコピーを残して側方移動さ

れると、定決定詞のコピー代名詞として実現して、(36d)が得られる。

(36) a. wanted to ban ⋁Φwhich book

Φwhich senator

⋁Φwhich senator の側方移動

b. ⋁Φwhich senator wanted to banΦwhich book

c. denied the rumor that ⋁Φwhich senator wanted to banΦwhich

book

⋁Φwhich senator の側方移動(代名詞化):he を残す

d. ⋁Φwhich senator denied the rumor that he wanted to banΦwhich book

(WH 移動省略

which book が複合名詞句の中に含まれていても問題ないのは、側方移動は島の制約に従う

必要がないからである。4

日本語では(37a)に示すように、選言関数「カ」を共有する多重 WH 構造の 「どの本

Φを」の部分が目的語として「発禁にしたい」という動詞と併合され、そこから「どの上

院議員Φが」が「カ」を伴って側方移動で、主語の位置に行くと(37b)が得られ、その主語

がゼロ代名詞を残して側方移動で、主節の「思っている」の主語の位置に移動すると(37c)

が得られ、ここから選言関数「カ」が CP の指定部に移動すると(37d)が得られる。これに

より、多重 WH 疑問文の場合も日本語では、文末に「カ」が現れることが捉えられる。

(37) a. どの本Φを 発禁にしたいと

どの上院議員Φがカ

[どの上院議員Φがカ]の側方移動

b. [どの本Φを どの上院議員Φがカ 発禁にしたいと]思っている

[どの上院議員Φがカ]の側方移動、ゼロ代名詞 pro を残す

c. どの本Φを pro 発禁にしたいと][どの上院議員Φがカ]思っている]

WH 移動

d. どの本Φを pro 発禁にしたいと][どの上院議員Φが]思っている]カ

(35b)は(37d)において Scrambling により「どの上院議員Φが」を文頭に移動したもので

ある。「どの上院議員」「どの本」ともに主節の「カ」により「束縛」されていることから、

多重 WH 疑問文解釈が得られる。

ブルガリア語で、WH 句が全部文頭に移動して来ることは次のように捉えられる。説明

の分りやすさのために、(38a)として採録する(35c)を(38b)のように英語に置き換えて派生

を示す。 (38b)は(38c)の姿で出発する。(38c)では、英語の場合と同じように、Φwhich

senator とΦwhich book が選言関数⋁を共有する多重構造を持っている。⋁Φwhich

senator が側方移動で主語の位置に移動しなければならないのは英語日本語と同じであ

るが、結果として which book の音も移動しなければならないという事実を捉えるには、

この時に/Φwhich book/で表す which book の音が随伴され、後に{Φwhich book}で表す、

which book の意味が残されると仮定すればよい。その結果が(38d)で、その後 denied the

rumor that の部分が併合されたあとで、更に、which senator の部分が側方移動されて、

後にゼロ代名詞が残ったときも、音の随伴が継続すると、(38f)になり、最後に which

senator と which book の音を随伴して選言関数が⋁移動すると(38g)が得られる。

4 非顕在的移動を用いて、非顕在的移動も顕在的移動と同じように島の制約に従うという中島・池内の

方向では、(35a)を誤って非文法的であると予測するか、または、非顕在的移動は等位構造制約には従う

が、他の島の制約には従わないなどとしなければならない。

(38) a. Kojj senator koja knigai tj otrece malvata ce iska da zabrani ti

which senator which book denied the-rumor that wanted to ban

b. Which senator which book denied the rumor that pro wanted to ban?

c. wanted to ban ⋁Φwhich senator

Φwhich book

⋁Φwhich senator の側方移動、which book の音を随伴

d. ⋁Φwhich senator Φ/which book/ wanted to ban Φ{which book}

denied the rumor that を併合、

e. denied the rumor that [⋁Φwhich senator/Φwhich book/] wanted

to banΦ{which book}

⋁Φwhich senator の側方移動、which book の音を随伴,

ゼロ代名詞化 pro を残す

f. ⋁Φwhich senator /Φwhich book/ denied the rumor that pro wanted to ban

Φ{which book}

WH 移動

g. ⋁/Φwhich senator/ /Φwhich book/ [Φ{which senator} denied the rumor

that pro wanted to banΦ{which book}]

LF.

h. ⋁ [Φ{which senator} denied the rumor that pro wanted to banΦ{which

book}]

音の部分を取り除くと、(38h)の LF 表示が得られるが、これは英語の LF 表示と同じであ

る。

つまり、日本語英語/ブルガリア語の違いは、日本語では選言関数が「カ」という音

形を持っているため単独で移動できるが、英語/ブルガリア語では音形をもたないため、

WH 句の音を随伴しなければならないことであり、英語とブルガリア語の違いは、英語

は側方移動の折に移動すべき要素の音だけを分離して随伴できるのに対して、ブルガリア

語では、多重構造全体の音を随伴しなければならないということである。つまり、選言関

数の移動について随伴に関する媒介変数的変異があるとして捉えられるのである。

ブルガリア語で、選言関数を共有する要素の音がすべて随伴されることは、これらの要

素が一つの焦点素性Φを共有していると仮定すれば自動的に説明される。なぜなら、焦点

素性はそれを共有するすべての要素において焦点強勢として実現されなければならないた

め、一つの音韻的句を構成していなければならないと考えることが出来るからである。

8 更に複雑な多重 WH 疑問文

ここで Watanabe (1992)の有名な多重 WH 疑問文の例についても見ておこう。まず、

(39a)のように、主節の「誰が」に焦点強勢を持つ場合を考えてみよう。従属節は(39b)の

姿で出発する。[誰がΦ1 カ 1]を「買う」の主語の位置に側方移動し、動詞が更に時制の位

置まで移動すると(39c)が得られるが、ここで、選言関数「カ 1」を移動すると(39d)の多重

WH 従属節が形成される。これに主節要素として、「誰がΦ2 カ 2」、「知りたがっています」

を併合すると、(39e)が得られ、ここで選言関数「カ 2」を移動すると、(39f)が得られる。

(39) a. 何を誰が買ったか誰が知りたがっていますか

b. 何をΦ1 カ 1 買った

誰がΦ1

[誰がΦ1 カ 1]の側方移動-->

c. 何をΦ1 誰がΦ1 カ 1 買った

WH 移動-->

d. 何をΦ1 誰がΦ1 買ったカ 1

[誰がΦ2 カ 2]、[知りたがっています]を併合-->

e. [何をΦ1 誰がΦ1 買ったカ 1] 誰がΦ2 カ 2 知りたがっています

WH 移動-->

f. 何をΦ1 誰がΦ1 買ったカ 1] 誰がΦ2 知りたがっていますカ 2]

これは、主節では単一 WH 疑問文で、主節の「誰が」にだけ答えを求める疑問文である。

他方、従属節の「何を」と主節の「誰が」に焦点強勢を置くと、主節における多重 WH

疑問文ができる。その派生は(40)に示すものである。(40a)では従属節で働く選言関数「カ

1」が CP 指定部に移動し、(40b)が得られる。これに「知りたがっています」が併合され

ると、その主語の位置に[誰がΦ2 カ 2]が側方移動されると、(40c)が得られ、ここから選言

関数「カ 2」が CP 指定部に移動すると(40d)が得られる。従属節の「何を」と主節の「誰

が」が主節の焦点を持っているから、(40e)に示すように焦点強勢を担って発音され、主節

の多重疑問文であるから、(40f)のような答えを要求する。

(40) a. 何をΦ2 カ 2 誰がΦ1 カ 1 買った

誰がΦ2

WH 移動

b. 何をΦ2 誰がΦ2]買ったカ 1

誰がΦ2]カ 1

「知りたがっています」の併合と[誰がΦ2 カ 2]の側方移動

c. [何をΦ2] 誰がΦ1 買ったカ 1] [誰がΦ2 カ 2]知りたがっています

WH 移動

d. 何をΦ2]誰がΦ1 買ったカ 21] [誰がΦ2]知りたがっていますカ 2

e. 何を誰が買ったか誰が知りたがっていますか

f. 答え:ヨットを誰が買ったかジョンが知りたがっています

車を誰が買ったかトムが知りたがっています

9 まとめ

多重 WH 疑問文言語間の差異は次のようにまとめることができる。

(41) a. 多重 WH 疑問文は抽象的焦点要素Φを含む複数の WH 句がその指定部に Pick

one の意味をもつ選言⋁を共有する多重構造を含む。

b. 多重構造は側方移動により解消される。

(42) a. 英語では最上位の[⋁ [ΦWHが移動する。

b. 日本語では「カ」だけが移動する。

c. ブルガリア語では Φ[WH, WH]のように、複数の WH が一つの焦点強勢素性

を共有しているのかも知れない。そのためすべての WH 要素の音形が随伴さ

れる。

(43) a. 英語: ⋁ [Φ/WH1/? C [...Φ{WH1} ... ΦWH2...

WH 移動 側方移動

b. 日本語: [... WH2Φ ... WH1Φ... C カ

側方移動 WH 移動

c. ブルガリア語:⋁ [Φ/WH1 WH2/? C [...Φ{WH1} ... Φ{WH2}...

10 Appendix: 優位性

Pesetsky (1987) は who, what, where などの単純な WH 語の場合は、(46-45)に見られ

るように、高い位置にある WH 句を飛び越して、低い位置にある WH 句を CP 指定部に移

動すると、容認性が下がるという優位性(Superiority)と呼ばれる現象があるが、優位性の

現象は、46-47)に見られるように、which N のような WH 句では生じない事を指摘してい

る。

(44) a. Whoi did you persuade ei to read what?

b. ??Whatj did you persuade who(m) to read ej?

(45) a. Maryi asked [whoi [ei read what.

b. *Mary asked [whatj [who read ej] .

(46) a. Which mani did you persuade ei to read which book?

b. Which bookj did you persuade which man to read ej?

(47) a. Mary asked which mani ei read which book.

b. Mary asked which bookj which man read ej.

そして、(46-47)のような多重 WH 疑問文に於ける元位置 WH 要素の扱いについて談話

結(D-linking)という概念を用いて、非選択的束縛を用いることを提案している。しかし、

冒頭でも述べたとおり、非選択的束縛は概念的必然性が明確でない指示指標を用いなけれ

ばならないという点で問題がある。ここでは、それに代わる扱いを考えてみる。

英語に見られる WH 移動は選言関数⋁がそれと関係するΦを伴う WH 句の音を随伴して

移動する現象であるとする本稿の分析からすると、D-linked の WH 句と non-D-lined の

WH 句では、⋁をもつ WH 句の側方移動に伴う随伴の性質がことなるとして扱う事ができ

る。(48)に示すように、non-D-lined の WH 句を、WH[-D]として、D-liked の WH 句を

WH[+D]と表して、(49)のような性質の違いを仮定してみよう。。

(48) a. WH[-D]: who, what, where, etc.

b. WH[+D]: which man, which book, which city, etc.

(49) a. ΦWH[+D]は⋁-Φ-WH[+D]の移動に随伴できる

b. ΦWH[-D]は⋁-Φ-WH[-D]の移動に随伴する力が弱い

そうすると、(44a)の場合には、(50)の構造から出発することになる。

(50) persuade to read ⋁-Φ- what [-D]

Φ- who [-D]

⋁-Φ-who[-D]の側方移動の時には、Φ-what[-D] は(49b)により、随伴できないから、(51a)

しか得られない。その後の派生は(51a-d)に示す通りであるから、首尾よく、優位性の条件

を守る形ですすむ。

(51) a. ⋁-Φ-who[-D] persuade to read Φ-what[-D]

v*の併合+persuade の移動

b. v*-/persuade/ ⋁-Φ-who[-D] {persuade} to read Φ-what[-D]

did you の併合

c. did you v*-/persuade/ ⋁-Φ-who[-D] {persuade} to read Φ-what[-D]

WH 移動

d. ⋁-/Φ-who[-D/ ]did you v*-/persuade/{Φ-who[-D]} {persuade} to read Φ

  • what[-D]

他方(46a-b)の場合は、(52)から出発する。

(52) persuade to read ⋁-Φ-which man [+D]

Φ-which book [+D]

ここから二つの選択肢がある。一つは、(53)に示すもので、⋁-Φ-which man だけを側方

移動するものである。この結果(46a)が得られる。

(53) a. ⋁-Φ-which man[+D] persuade to read Φ-which book[+D]

v*の併合+persuade の移動

b. v*-persuade ⋁-Φ-which man[+D] to read Φ-which book[+D]

you の併合、did の併合など

c. did you v*-persuade ⋁-Φ-which man[+D] to read Φ-which book[+D]

WH 移動

d. ⋁-Φ-/which man/ did you persuade {Φ-which man}[+D] to readΦ-which

book[+D]

もう一つの選択肢はΦ-which man[+D]の側方移動の際に、Φ-which book [+D](の音と⋁

を随伴することである。これにより、(54a)が得られる。v*と persuade の平後で(54b)が得

られたあと、did と you が併合して、(54c)が得られ、⋁/Φ-which book/の CP 指定部への

移動の結果(54d)が得られる。

(54) a. Φ-which man[+D] ⋁/Φwhich book/ persuade to read {Φ-which book}[+D]

v*の併合+persuade

b. v*persuade Φ -which man [+D] ⋁/ Φ which book/ to read { Φ -which

book}[+D]

did と you の併合など

c. did you v*persuade Φ-which man [+D] ⋁/Φwhich book/ to read {Φ-which

book}[+D]

⋁/Φ-which book/ の WH 移動

d. ⋁/Φ-which book/ did you v*persuade Φ-which man [+D] to read {Φ-which

book}[+D]

言い換えると、D-linked な WH 句は⋁を担って、多重構造からの側方移動に便乗して、そ

の後に WH 移動を受けることができるということである。

11 万葉集の多重 WH

万葉集には多重疑問文の例が一例だけある。5

(55) 眠

も寝

ずに我

が思ふ君はいづく辺

に今夜こよひ 誰

た れとか待てど来

まさぬ

(『万葉集』巻 13,3277)『新編日本古典文学全集 万葉集3』(小学館)416 頁

これはもちろん、係り結びの例であるが、注目すべきことは、「いづく辺に」と「(今夜)

誰とか」と二つの WH 要素があるが、そのうち左側にある「いづく辺に」の方には「カ」

がなく、右側にある「(今夜)誰と」が「カ」を伴っていることである。一例だけでは、何

とも言えないところであるが、選言関数の「カ」を共有している多重構造からの側方移動

という本論の分析からすれば、(57)に示す派生を辿ることになるから、「カ」がこの位置に

現れることは予測される通りである。

(56) a. [眠

も寝

ずに我

が思ふ君はいづく辺

にカ] 待てど来

まさぬ

今夜こよひ 誰

た れと

「今夜こよひ 誰

た れと」が「カ」を伴って、右側に側方移動--->

b. 眠

も寝

ずに我

が思ふ君はいづく辺

に] 今夜こよひ 誰

た れとカ] 待てど来

まさぬ

現代日本語では更に「カ」が CP 指定部に移動するところであるが、係り結び時代には、

代わりに動詞連体形になるという一致が起こっていると考えられる。

参考文献

Baker, C. Leroy. (1970). "Notes of the description of English questions: the role of an

abstract questions morpheme." Foundations of Language 6. 197-219.

Cheng, Lisa Lai-Shen (2009) "Wh-in-situ, from the 1980s to Now" Language and

Linguistic Compass 3/3 769-791.

Heim, Irene (1982) The Semantics of Definite and Indefinite Noun Phrases. Doctoral

5 下の例は福井大学高山善行氏が、万葉集の全編を渉猟して発見してくださった貴重な例である。こ

こに記して、感謝申し上げる。

Dissertation, University of Massachusetts.

Higginbotham, James and Robert May (1981) "Questions, Quantifiers and Crossing,"

The Linguistic Review 1, 41-80.

Huang, James (1982) Logical Relations in Chinese and the Theory of Grammar.

Doctoral Dissertation, MIT.

Lasnik, Howard and Mamoru Saito (1992) Move α: Conditions on Its Application and

Outputs. MIT Press, Cambridge, MA.

May, Robert (1985) Logical Form: Its Structure and Derivation, MIT Press, Cambridge,

Mass.

中島平三・池内正幸 (2005)『明日に架ける生成文法ひつじ書房

Nishigauchi, Taisuke. 1990. Quantification in the theory of grammar. Dordrecht.

Kluwer Academic Publishers.

Nunes, Jairo (2004) Linearization of Chains and Sideward Movement. MIT Press,

Cambridge, MA.

Pesetsky, David (1987) "WH-in-situ: Movement and Unselective Binding," in E.

Reuland and A.G.B. terMeulen (eds.) The Linguistic Representation of

(In)definiteness, MIT Press, Cambridge, MA, 98-129

Richards, Norvin (1998) "The Principle of Minimal Compliance," Linguistic Inquiry

29:599-629.

Ross, John, R. (1967) Constraints on Variables in Syntax. Doctoral Dissertation, MIT.

Tonoike, Shigeo (1995) "Japanese as an OVS Language." In Shosuke Haraguchi and

Michio Funaki (eds.) Minimalism and Linguistic Theory. 105-133. tokyo: Hituzi

Syobo.

Tonoike, Shigeo (2000) "Wh-Movement, Pied-Piping and Related Matters." 『平成11

年度 COE 形成基盤研究費研究成果報告(4)』(課題番号 08CE1001). 211-227. 神田

外国語大学言語学科研究科

外池滋生 (2013) 「演算子-変項構造と WH 疑問文

(2014a) 「日本語疑問文と「か」と「も」」「「日本語疑問文通時的・対

言語学的研究」研究発表会国立国語研究所

(2014b)「ミニマリスト・プログラムと日英語比較統語論東京言語研究所集中

講義

(2014c)「演算子-変項構造と WH 疑問文」「「日本語疑問文通時的・対照言語学

的研究」平成 25 年度 研究報告書(1)」

Watanabe, Akira (1992 "Subjacency and S-structure Movement of Wh- in- situ."

Journal of East Asian Linguistics 1.255-291.-->

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。