増補合類大節用集

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

増補合類大節用集

増補合類大節用集 十巻十三冊

 和漢音釋書言字考節用集?とも言ふ。元祿十一年槙島昭武の著である。明和三年に再版してゐる。節用集語彙伊呂波順に分ち、その各部門を天地・氣候等に分類してゐるが、本書は先づその意味により天地・氣候等に分ち、それを更に伊呂波順にしてゐる。節用集の増訂本が多い中にも「合類節用集」「新刊節用集大全」は見るべきものであるが本書は是等の後に出た増訂本として發達の頂點にあるものである。

【參考】

* 古本節用集の研究。上田萬年橋本進吉「東京帝國大學文科大學紀要」第二 大正五年三月刋。

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。