堀井令以知『語源をつきとめる』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

堀井令以知『語源をつきとめる』

堀井令以知 講談社現代新書996、1990.5

*

はじめに

語源研究を妨げる漢字

 ●語源ミニ辞典

語源を探る方法と条件

 ●語源ミニ辞典

意味のつながりをたどる

 ●語源ミニ辞典

単語家族をつきとめる

 ●語源ミニ辞典

方言比較で語源を探る

 ●語源ミニ辞典

擬声語擬態語語源

 ●語源ミニ辞典

語源のフオークロア

 ●語源ミニ辞典

あとがき

主要参考文献



【主要参考文献

『日本国語大辞典』第一巻-第二十巻(昭和五十一年三月 小学館

定本柳田国男集』第一巻-第三十一巻、別巻第一-別巻第五(昭和四十七年五月 筑摩書房

時代別国語大辞典上代編』(一九八三年九月 三省堂

大槻文彦大言海』全四巻(昭和七年十月 冨山房

新村出『広辞苑』第三版第三刷(昭和六十年十一月 岩波書店

堀井令以知日本語語源辞典』第七版(昭和六十三年四月 東京堂出版

堀井令以知語源大辞典』(昭和六十三年九月 東京堂出版

堀井令以知『にほんご歳時記』(昭和六十二年十一月 大修館書店

『改定綜合日本民俗語彙』全五巻(昭和四十五年十月 平凡社

西尾実岩淵悦太郎水谷静夫『岩波国語辞典』第三版(一九八○年七月 岩波書店

大野晋佐竹昭広前田金五郎編『岩波古語辞典』(一九七四年十二月 岩波書店

吉沢典男石綿敏雄外来語語源』(昭和五十六年一月 角川書店

中村元編『仏教語源散策』(昭和五十二年四月 東京書籍

新村出『東亜語源志』昭和十八年三月 荻原星文館)

東条操編『全国方言辞典』(昭和二十七年一月 東京堂出版

日本言語地図』全六巻(昭和五十年八月 国立国語研究所

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。