堀井令以知『お公家さんの日本語』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

堀井令以知『お公家さんの日本語』

堀井令以知

『お公家さんの日本語

平成20.8.6

お公家さんの日本語

お公家さんの日本語

はじめに

序章

 公家とは

 京都御所と言葉

 「公家言葉集存」とは

第一章 公家言葉集──『公家言葉集存』より

第二章 公家言葉はどのようにして生まれたか

 公家言葉はなぜ生まれたのか

 武家社会に広がる公家言葉

 女性教養言葉として

 公家言葉の宝庫『お湯殿の上の日記

 言葉からわかる身分差の世界

 文字言葉とは

 公家言葉が生きる社会、尼門跡

第三章 宮中の行事と生活

第四章 公家言葉入門 語源から用法まで

 食べ物

 鳥

 衣類

 日用品・道具

 身体に関する言葉

 忌み言葉

 「あらしゃる」

 「ましゃる」

 形容の語

おわりに

主要參考文献

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。