坂梨隆三「おんぶする」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

坂梨隆三「おんぶする」

坂梨隆三

1987

東京大学人文科学科紀要 国文学漢文学85

pp.27-56

佐藤茂「カツグをめぐって――福井県足羽郡美山町の言語調査から――」(『福井大学教育学部紀要』第一部人文科学昭和49年12月)

本堂寛「語の意味差と地理的分布――「かつぐ」をめぐって――」(『佐藤喜代治教授退官記念国語学論集』昭和51年6月)

野林正路意味論の方法序説」(『言語生活』昭和55年11月)

柳田征司「かつぐ」(『講座日本語の語彙9語誌1』昭和58年1月)

宮地幸一活用表現論-近代動詞の諸相――作家の表現を中心として――』(昭和59年11月)

蜂谷清人中近世文献に見る「背負う」「かつぐ」の一類をめぐって」(『国語語彙史の研究』6昭和60年10月)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。