坂口至『国語国文 古本屋巡りをする人のために』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

坂口至『国語国文 古本屋巡りをする人のために』

一九九八年(平成十年)八月三十日 印刷・発行

   熊本大学文学部国語国文学研究室 坂口至

     〔目次〕

一、はじめに                    (1)

二、古書の入手方法                (1)

 (一)古書目録を利用する            (2)

 (二)古書即売会に出掛ける            (8)

三、古本屋巡りに出掛ける前に          (10)

 (一)蔵書目録を整備する            (10)

 (二)探書目標を設定する            (11)

 (三)一日のスケジュールを立てる        (12)

四、効率的に古本屋を回るために         (13)

 (一)古本屋巡りの曜日と時間について      (13)

 (二)古本屋は一人で回る            (14)

 (三)古本屋巡りの七つ道具           (15)

 (四)古本屋地図を盲信するな          (20)

 (五)古本屋と懇意にならない          (22)

五、良書に巡り会うために            (22)

 (一)クチコミを最大限に利用せよ        (22)

 (二)新規開店、店舗改装・移転時を逃すな    (23)

 (三)回転の早い店に頻繁に寄る         (24)

 (四)著者ゆかりの土地の古本屋に寄る      (24)

 (五)古本屋巡りの季節について         (25)

六、安価で古書を手に入れるために        (25)

 (一)古本屋の心証を良くする         (26)

 (二)ユーズドプック屋を馬鹿にするな      (26)

 (三)小型本・新書型本の中に掘り出し物あり   (27)

 (四)背文字のない本消えた本に注意       (29)

 (五)価格表示の無い本を狙う         (30)

 (六)国語国文のコーナー以外にも注意      (30)

 (七)「不完全本」を狙う            (31)

七、古書の買い時              (32)

 (一)古書価のメカニズム             (32)

 (二)安いと実感する値段             (33)

 (三)古書購入のタイミング           (34)

八、いわゆる二度本について           (37)

九、古書の整理                 (39)

十、古書の余得                 (42)

十一、インターネットと古書             (43)

十二、古書古本屋に関する本の紹介        (44)

十三、新書文庫本収集のすすめ          (48)

 (一)さまざまな新書文庫本          (49)

 (二)収集の留意点               (70)

 (三)新書文庫本に関する本の紹介       (71)

 (四)新書文庫本古書価           (73)

十四、古本屋巡り喜怒哀楽             (76)

 (一)服装で値段を付けられる(平二年四月)   (76)

 (二)憧れの神田・本郷・早稲田(平四年五月)  (77)

 (三)店も客もお互いに恐縮(平四年八月)    (78)

 (四)古本屋巡りはペイするか(平五年一月)   (78)

 (五)古本屋巡りは万病の元?(平五年二月)   (81)

 (六)目の毒な看板(平五年十一月)       (81)

 (七)神田の古本屋は日本一安い?(平六年六月)   (82)

 (八)律義な店員に感謝(平七年七月)      (83)

 (九)わが秘密の古本屋(平八年一月)      (83)

 (十)古書店の仕入れ価格を垣間見る(平八年六月・平九年四月)  (84)

 (十一)郊外型大規模ユーズドプック屋に興奮(平九年五月)   (85)

 (十二)古書を売る(平十年五月)         (87)

十五、九州・山口の古書店             (89)

 (一)九州・山口の古書店の現在         (89)

   《福岡県》                (90)

   《佐賀県》                (110)

   《長崎県》               (113)

   《熊本県》                (117)

   《大分県》               (121)

   《宮崎県》                (123)

   《鹿児島県》               (124)

   《山口県》               (126)

 (二)お薦めの古書店             (128)

 (三)廃業・休業した古書店          (128)

十六、九州の古書目録              (132)

 (一)自家目録                (133)

 (二)合同目録                (134)

 (三)付・九州以外の古書目録         (136)

十七、九州の古書即売会             (137)

十八、おわりに                 (139)

《付録》主要購入書名索引             (左1)


http://ci.nii.ac.jp/naid/120000980114

http://ci.nii.ac.jp/naid/120000980107

を、増補したもの。

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。