国語学大系

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

国語学大系

第7巻 文字1  (復刻では第4巻)

以呂波字考録(全長)

以呂波問弁(諦忍)

以呂波考(伴直方)

和翰名苑(滕孔栄)

仮名類纂(関根為宝)

仮名考(帆足万里)

仮字本末(伴信友)



第14巻 手爾波1  (復刻では第7巻)

烏丸本異本悦目抄(伝藤原基俊)

専順法眼之詞秘之事(専順)

手爾葉大概抄(伝藤原定家)

手爾葉大概抄之抄(宗祇)

姉小路家手似葉伝

春樹顕秘抄春樹顕秘増抄(有賀長伯)

氐邇乎波義慣抄(雀部信頬)


第19巻 方言1  (復刻では第9巻)

かたこと(安原貞室)

志不可起

尾張方言(山本格安)

仙台言葉以呂波寄(猪苗代兼郁)



第20巻 方言2  (復刻では第10巻)

御国通辞(服部武喬)

常陸方言(中山信名稿 栗田寛補)

登古路言葉

加賀なまり(竹中邦香)

新撰大阪詞大全

秋長夜話抄(香川尽臣)

他所問答(布施御牆)

筑紫方言

菊池俗言考(永田穂積)

混効験集(識名盛命等)


付 混効験集に就きて(伊波普猷)

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。