国語学叢書

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

国語学叢書

東京堂出版

1 国語史の方法 近代語を中心として 松村明 未刊

2 奈良時代の国語         白藤礼幸

3 平安時代の国語         築島裕

4 鎌倉時代国語         山口明穂 未刊

5 室町時代の国語         柳田征司

6 江戸時代の国語 上方語      坂梨隆三

7 江戸時代の国語 江戸語      小松寿雄

8 明治時代国語         古田東朔 未刊

9 漢文訓読の歴史         小林芳規 未刊

10 日本漢字音の歴史       沼本克明

11 変体漢文           峰岸明

12 言語生活史          宇野義方

13 敬語             西田直敏

14 日本の方言学         日野資純

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。