国語学と国語史

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

国語学と国語史

松村明還暦記念

1977

岡本準水 本居宣長の「誦」及び「誦習」のに就きての考察―『古事記雑考』と自筆浄書本及び刊本古事記伝』を対象として―

尾崎知光 鈴木朖国語学―『活語断続譜』『言語四種論』『雅語音声考』の関連について―

山口佳紀 古代日本語母音同化に関する一考察

山崎馨 形容詞さかし・さがし考

吉田金彦 語源意味と文脈意味上代語助動詞マシジについて―

岩松空一 上代語″ク語形″再考―アクガルを中心に―

安田尚道 「け長し」「長きけ」「朝にけに」「旅のけ」等のケについて

白藤禮幸 字訓研究の一試論

金岡孝 古事記万葉仮名表記箇所(歌謡固有名詞を除く)について

稲岡耕二 人麻呂の表記の展相―而(テ)をめぐって―

沖森卓也 続紀宣命表記文体―称徳期について―

馬淵和夫 国語の「清濁

田中恭子 宇津保物語の「奉る」

増成富久子 三宝絵詞東大寺切の文体について―観智院本の文体と比較して―

山口仲美 浜松中納言物語と夜の寝覚の作者比喩表現をてがかりとして―

宮沢俊雅 図書寮本類聚名義抄と妙法蓮華経釈文

山口明穂 中世語における格意識の一面

福島邦道 極初期キリシタンにおける原語と訳語の一問題

金田弘 対者敬語「申す」について

小松寿雄 江戸語の形成

田中章夫 近代語における複合辞的表現の発達

坂梨隆三 居られると言う言い方について

京極興一 接続詞「が」―その発達と用法をめぐって―

山田俊雄 漢語研究上の一問題―漢語層別化の試論

古田東朔安愚楽鍋』の登場人物とその音訛

飛田良文 明治詔勅文文体

鈴木英夫 新聞見出しの近代化―東京朝日新聞を中心として―

日野資純 方言国語史の接点―「デカイ」の形成をめぐって―

武井睦雄 あらたまりの言語敬語の本質について―

宇野義方 「ますです」について

橘豊 年齢的位相語としての書簡用語

西尾寅弥 語の意味の周辺

宮島達夫 単語文体的特徴

森岡健二 準用論

青木伶子 所謂副詞語尾の「に」について―格助詞の下位分類に及ぶ―

林四郎 文章論の輪廓

宮地裕 文章論の視界―文章における人間の目の所在とその表現について―

市川孝 小中学生の作文の表現

加藤彰彦 送り仮名の法則と心理

辻村敏樹当世書生気質』の外国語外来語

倉持保男 国語辞書意味の扱いに関する二・三の問題

水谷静夫 構文論意味論との関係

柏谷嘉弘 天草本平家物語の漢語

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。