国木田独歩集

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

国木田独歩集

明治文学全集

中島健蔵

 武蔵野

 源おぢ

 忘れえぬ人々

 河霧

 富岡先生

 牛肉と馬鈴薯

 女難

 第三者

 正直者

 湯ケ原より

 少年の悲哀

 夫婦

 春の鳥

 運命論者

 巡査

 酒中日記

 馬上の友

 悪魔

 画の悲み

 空知川の岸辺

 非凡なる凡人

 鎌倉婦人

 二少女

 帽子

 号外

 恋を恋する人

 竹の木戸

 窮死

 疲労

 節操

 二老人

 都の友へ、B生より

 肱の侮辱

 湯ケ原ゆき

 鎌倉妙本寺懐古

 秋の入日

 群書ニ渉レ

 アンビション

 吉田松陰及び長州先輩に関して

 不知庵訳『罪と罰』

 養子

 吾が知る少女の事を記す

 波濤

 大連湾占領後の海事通信

 苦悶の叫

 豊後の国佐伯

 想出るま丶

 唯暗を見る

 新躰詩の現状

 高山文学士論文に就て

 夜の赤坂

 福沢翁の特性

 陶庵侯に就て

 予の作物と人気

 余が日記過去現在

 自然を写す文章

 我は如何にして小説家となりしか

 十年前の田園生活

 予が作品と事実

 雑談

 余の自然主義

 病床雑記

 愛読せる外国の小説戯曲

 不可思議なる大自然 |


独歩氏の作に低徊趣味あり(夏目漱石)

独歩式の特長(徳田秋声)

渋谷時代の独歩(田山花袋)

日光時代(田山花袋)

鎌倉在任前後の独歩氏(斎藤弔花)

国木田治子未亡人聞書(本多浩)

国木田独歩論(中島健蔵)


解題(中島健蔵)

年譜(川岸みち子編)

参考文献(川岸みち子編)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。