国木田独歩,田山花袋集

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

国木田独歩,田山花袋集

『現代日本文學大系』


国木田独歩

 源おぢ

 武蔵野

 忘れえぬ人々

 牛肉と馬鈴薯

 富岡先生

 画の悲み

 少年の悲哀

 鎌倉夫人

 空知川の岸辺

 酒中日記

 非凡なる凡人

 運命論者

 馬上の友

 女難

 春の鳥

 愛国者

 帽子

 岡本の手帳

 号外

 肱の侮辱

 波の音

 疲労

 窮死

 二老人

 我は如何にして小説家となりしか

 予が作品と事実

 余と自然主義

 独歩吟

 欺かざるの記(抄)


田山花袋

 田舎教師

 重右衛門の最後

 蒲団

 一兵卒

 露骨なる描写


付録

 国木田独歩の秘密-その出生をめぐって(前田重)

 夫独歩の謎(国木田治)

 国木田独歩と信子(相馬黒光)

 田山花袋君の作と生き方(柳田国男)

 田山花袋論(中村光夫)


年譜

著作目録

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。