唐話辞書類集

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

唐話辞書類集

長沢規矩也

汲古書院

20冊。

江戸時代唐話辞書中国語辞書)等。

唐話


汲古書院

長沢規矩也解題


第1集

唐話類纂 写 一部唐音 pp.1-192

胡言漢語 写 画数順 pp.193-503

怯里馬赤 写 イロハ順 pp.505-744


第2集

語録訳義 写 画数順 pp.1-464

唐話為文箋 写 唐音 pp.465-574  (二刷には、+明治刊の一部)


第3集

忠義水滸伝解 刊 唐音 出現順 pp.1-49 (4)

忠義水滸伝抄訳 刊 出現順 pp.51-109 (4)

忠義水滸伝鈔訳 写 出現順 pp.111-344

水滸伝批評解 写 出現順 pp.345-635


第4集

爾言解 写 pp.1-100

色香歌 写 pp.101-279 イロハ順

劇語審訳 写 pp.281-352

唐人問書 写 通用音唐音 pp.353-455 平仮名まじり

崎港聞見録 写 唐音 pp.457-488


第5集

南山考講記 写 唐音 pp.1-494

常話方語 写 pp.495-534


第6集

唐話纂要 刊 唐音 pp.1-300

唐音雅俗語類 刊 唐音 pp.301-534


第7集

唐訳便覧 刊 唐音 pp.1-269

唐話便用 刊 唐音 pp.271-581


第8集

両国訳通 刊 唐音 部門 pp.1-80

唐音和解 刊 唐音 「右は唐音 左は和音」 pp.81-168

唐音世語 刊 唐音 pp.169-193

語録字義 刊 一部通用音 「素読一助」にはすべて通用音 字数 pp.197-252

宗門方語 刊 字数 pp.253-388

碧巌録方語解 明治活字 明和六年序 pp.389-471

八僊卓燕式記 刊 唐音 pp.473-518


第9集

徒杠字彙 刊・写 画数順 pp.1-736


第10集

俗語解(長沢本第1-4冊) 写 一部唐音 イロハ順


第11集

俗語解(長沢本第5冊) 写 pp.609-734

俗語解(静嘉堂本) 写 画数順 pp.735-1132


第12集

明律考 写 pp.1-305

応氏六帖 写 pp.307-606


第13集

水滸伝訳解 写 出現順 pp.1-278

忠義水滸伝(語解) 写 出現順 pp.279-30

忠義水滸伝(語釈) 写 出現順 pp.331-366

水滸伝字彙外集 写 pp.367-434

公武官職称名考 写 一部通用音 pp.435-531


第14集

詞略 刊 pp.1-32

奇字抄録 写 pp.33-170

雑纂訳解 刊 pp.171-256

字海便覧 刊 pp.257-590


第15集

小説字彙 刊 画数 pp.1-64 (4)

訓義抄録 写 一部通用音 pp.65-264

支那小説字解 写 pp.265-608


第16集

中夏俗語薮 刊 イロハ順) pp.1-42

漢字和訓 刊 pp.43-206

授幼難字訓 刊 イロハ順) pp.207-336

学語編 刊 pp.337-390 分類

麤幼略記 写 唐音南京音福州音) pp.391-459


第17集

華語詳訳 写 分類 pp.1-208

官府文字訳義 写 画数 pp.209-250

俗語訳義 写 一部通用音 画数 pp.251-474

游焉社常談 刊 唐音 pp.475-538


第18集

(崎陽煕〃子先生)華学圏套 写 唐音 pp.1-74

訳通類略(国会図書館本) 写 分類 pp.75-480


第19集

訳通類略(長沢本) 写 分類 pp.1-236

訳官雑字簿 写 分類 pp.239-354

満漢瑣語 写 一部唐音 pp.355-426

雑字類訳 写 pp.427-486

中華十五省 写 一部唐音・一部通用音 本書は「華夷通商考」の抜粋 pp.487-525


第20集

訳家必備 写 pp.1-251

(聖歎外書)水滸伝記聞 写 出現順 pp.253-401

水滸伝抄解 写 出現順 pp.403-432


付録

チンチンハウハウ唐の詞葉 一枚刷


http://webcatplus-equal.nii.ac.jp/libportal/DocDetail?txt_docid=NCID%3ABN05041419

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。