和田實「アクセント イントネーション プロミネンス」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

和田實「アクセント イントネーション プロミネンス」

和田實

アクセント イントネーション プロミネンス

国語シリーズ別冊3 日本語日本語教育 発音表現編』1975年5月,文化庁国立国語研究所刊所収


1 アクセント

 1.1 アクセントなどどうでもよいけれど  付,参考文献

 1.2 アクセントの型体系ということ

 1.3 東京アクセント表記法のいいのとよくないのと

 1.4 アクセント表記からイントネーションを追い払おう

 1.5 関西弁アクセント

 1.6 動詞形容詞アクセント

 1.7 おもなアクセント辞典

 1.8 助詞助動詞アクセント

2 イントネーションプロミネンス

 2.1 参考文献

 2.2 文末の上昇イントネーション

 2.3 文末あらため句末の上昇は

 2.4 いわゆる浮き上り調

 2.5 反問のイントネーション

 2.6 句頭の上昇イントネーション

 2.7 プロミネンスとほ

 2.8 プロミネンス細説

3 さまざまな音調

 3.1 アクセントイントネーションプロミネンスの寄合い

 3.2 応用もんだい 雨ニモマケズ

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。