和歌は日本の陀羅尼なり

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

和歌は日本の陀羅尼なり

無住沙石集

沙石集に。和歌は日本の陀羅尼なりといへるは、陀羅尼を此には摠持と翻す。無量の功徳を摠攝し、任持する故なり。其中に一字に多義を含む意をもて、短き和歌の深き意を含むを、かくはいへり。委しくいはゞ。和歌につゞらぬさきの四十七言。早く陀羅尼といふべし。金剛語菩薩を無言大菩薩といふは。言の實相に達すれば、言すなはち無言なり。是を釋摩訶衍論に、五種の言説を明す中に、如義言説といへり。たとヘば鏡の空なれば。まどかなる形。白き色あれど、万像をうつすに、さはりなきがごとし。

和訓栞大綱*


和歌陀羅尼説


中川徳之助和歌陀羅尼の説 : 狂言綺語観の展開(4) 」http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/00021090

http://ci.nii.ac.jp/naid/110004792782/

荒木浩「『沙石集』と〈和歌陀羅尼〉説について─文字超越と禅宗の衝撃─」(『仏教修法と文学表現に関する文献学的考察』2005年科研報告書

釘貫亨『近世仮名遣い論の研究』p.54,p.119

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。