和文軌範

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

和文軌範

里見義

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/865592

尋常師範学校

里見義

和文軌範

明治廿一年二月廿四日

文部省検定済 東京阪上氏藏梓

序 明治癸未二月 学海居士依田百川撰并書

凡例

○本邦文章の純粋なるものは、祝詞宣命あれど詞高尚なり、又中古物語等は意想を縱横に述たる者なれど尚耳遠し、當今学校用に供せんには、又一際下りたる世の者に非されば適せず、故に此書は近古の文章を多く掲ぐ、但し古今の別なく解し易き文は、中古のものといへども編入す

文章は自然のものにて、抑揚頓挫首尾照応等の諸法は各国同一なれば、大凡は文章規範の例に倣ひ、圏点○○○批点丶丶丶或は字眼には・・・等を用ゐ、且又文中小段落には 大段落には』等を附し初学の便に供す

和文には語を省き

文章

文章冠詞あり言掛けの詞あり、梓弓春、久方の空、等は冠詞なり、難波江のよしあし、秋霧のおほゝしく、抔は言掛けなり、一々解釈せんも煩しければ、==斯の如き線を文の右傍に附す

古文といへども、文法の如何にぞや思はるゝ所は標注に論ずべし

送假名

○書中傍に附する假名片假名を以てす、平假名は読むに便あしければなり

○又文中

戦記

巻の一

○神器 神皇正統記 北畠親房

○初春 源氏物語初音の巻 紫式部

○尋梅といふ題を 松の屋文集 藤井高尚

○無益の事 徒然草上百廿四段 兼好法師

○八月十五日夜家にておの/\題を分ちて文作るに山里の月といふを題にて 白求が花 加藤千蔭

○菅丞相の詩 著聞集巻四 橘成季

○二月ばかり山里の梅をめづる記 琴後集 村田春海

○猿の智恵 著聞集巻二十 橘成季

○驛路鈴 盛衰記巻二十三

○手書くこと 玉かつま十四の巻 本居宣長

○榎木の僧正 徒然草上四十四段 兼好法師

○遠島御歌合序 扶桑拾葉集巻十一 後鳥羽天皇

○うつくしきもの 枕草子 清少納言

○くゝりの鹿 著聞集巻十六 橘成季

○舊都月 盛衰記巻十七

○子日御幸奉和歌序 扶桑拾葉集巻三 平兼盛

撰集抄序 扶桑拾葉集巻七 西行法師

○學文 源氏をとめの巻 紫式部

○藤衣ノ歌 今昔物語集巻廿四 源隆国

○随時樓の記 琴後集 村田春海

○高名の木のぼり 徒然草上百九段 兼好法師

○古へより後世のまされる事 玉かつま六の巻 本居宣長

土佐日記 紀貫之

○遠物を宝とせず 徒然草百廿段 兼好法師

○蓮を栽る説 閑田文草 在洛南金鈴庵日著之 伴蒿蹊

○虎の鰐を取りたる事 宇治拾遺巻三

○小松内府父ヲ諌ム 盛衰記巻五

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。