呵刈葭

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

呵刈葭

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/syomokukaidai/ka/kaidai_ka001.html

呵刈葭

 天明年間上田秋成本居宣長との論爭せる書簡集である。本居宣長全集上田秋成全集所收。本書は藤井貞幹著「衝口發」の日本古代史に關する所説を宣長が「鉗狂人」を著して反駁したのに對し、秋成が「鉗狂人評」を書いて宣長の説を駁して、以後繰返された論爭集である。國語學に關係あるものは、ん[n]音有無論と半濁音正不正論とである。秋成古代からん[n]音とむ[m]音が併存したと云ひ、また半濁音は不正ではないと云ふに對して、宣長は[n]音は後世訛って生じたもので、古くは[m]音のみなりと云ひ。又半濁音は不正なりとの説を讓らなかった。この論爭の是非は後に至って、義門の「男信」、關政方の「傭字例」、白井寛蔭の「音韻假字用例」等に於いて[n]・[m]二音は共に古代より有した事が證され、又近くは那珂通世博士・上田萬年博士等によってハ行音が古くはパピプペポ發音された事が證明されて自から解決した。

亀田次郎国語学書目解題」)


http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/933887/35 増補本居宣長全集 6

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。