周祖謨『問學集』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

周祖謨『問學集』

周祖謨

『問學集』

目次 

漢字的産生和発展

漢字漢語的関係

両漢韻部略説

古音有無上去二聲辨

四声別義釈例

審母古音

禅母古音

唐本毛詩音撰人考

騫公楚辞音之協韻説与楚音

文選音残巻之作者及其方音

校読玄応一切経音義?後記

呉棫的古韻学

詩経韻字

万象名義中之原本玉篇音系

顔氏家訓音辞篇?注補

切韻的性質和他的音系基礎

切韻呉音

王仁煦切韻著作年代釈疑

関於唐代方言四声読法之一些資料

読守温韻学残巻後記

宋人等韻図中「転」字的来源

鄒漢〓五均論辨惑


下冊

陳澧切韻考辨誤

宋代卞洛語音考

宋代方音

射字法与音韻

爾雅敦璞古本跋

敦璞爾雅注与爾雅音義

鄭樵爾雅注後

重印雅学考跋

方言校箋序

許慎及其説文解字

唐本説文説文旧音

説文解字之宋刻本

李陽冰篆書考

徐鍇説文学

論段氏説文解字

書劉煕?釈名

読王氏広雅疏證手稿後記

篆隷万象名義

干禄字書之湖本与蜀本

広韻校本

広韻跋尾二種

 

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。