名物仮名和気韻

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

名物仮名和気韻

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/862470

いろは韻

大槻東陽

渡辺約郎 安藤孝之七? 編輯

此篇専ら詩作の用に供す。上段は平韻の字を掲げ、中段は仄韻の字を掲て、以て同訓異字を分て、平仄を知るに便す。下段は諸名稱の字を掲て、以て節用字引を兼しむ。而して總て国字を以て部類を分つ。

字註に又字を施たる。平仄両韻の字は、標記して之を解釈す。

名物字中、間俗字あり。其字書に見えざる者は、▲印を附し之を分示す。

同訓異字は、始に仮名を施し、次は仮名を省く、下段も亦之に倣ふ。假設は空《そら》虚の如し。

山田忠雄『近代国語辞書の歩み』p.34

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。