吉田金彦「辞書の歴史」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

吉田金彦「辞書の歴史」

『講座国語史3語彙史』大修館書店

吉田金彦 1971.09


第七章 辞書の歴史

 一 辞書史時代区分

 二 第一期(古代前期)の辞書

  1 この時代中国辞書史

   (1) 中国辞書史わが国の辞書

   (2) 文字を中心とする辞書

   (3) 韻書音義

   (4) 類書

  2 第一期のわが国の辞書

   (1)新字

   (2)辮色立成と楊氏漢語抄

   (3)第一期の仏典音義

   (4)篆隸万象名義

   (5)秘府略

   (6)東宮切韻

   (7)新撰字鏡

 三 第二期(古代後期)の辞書

  1 倭名類聚抄

   (1)著者成立年代

   (2)十巻本と二十巻本とは何れが先か

   (3)分類と書名の所依

   (4)成立の背景

   (5)允亮抄と幼学指南抄

   (6)薬物辞書のいろいろ

  2 韻と字書

   (1)倭注切韻

   (2)詩苑韻集

   (3)季綱切韻

   (4)和訓本玉扁の発達

  3 仏典音義の各種

   (1)法華経釈文

   (2)法華経単字その他

  4 類聚名義抄

   (1)原本系の名義抄

   (2)広益本系の名義抄

  5 歌学辞書色葉字類抄

   (1)和歌辞書の発達

   (2)色葉字類抄

 四 第三期(中世)の辞書

  1 字鏡倭玉篇

  2 字鏡抄字鏡集

  3 平他字類抄

  4 聚分韻略

  5 下学集

  6 節用集

  7 その他の辞書

  8 第三期における中国辞書

 五 第四期(近世)の辞書

  1 洋語対訳辞書の各種

  2 辞書出版

  3 類書百科事典編纂

  4 その他の分類体辞書

  5 国語辞書の発達

  6 辞書の研究

  7 第四期における中国辞書

 六 第五期(近代)の辞書

  1 対訳辞書の発展

  2 国語辞書の進歩

  3 漢和辞書の主なもの

  4 普通百科辞典の流行

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。