吉田澄夫『近世語と近世文学』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

吉田澄夫『近世語と近世文学』

吉田澄夫

1952


第一部 近世語と近世文学

 江戸方言より東京語

 江戸語に関する一疑問

 明治国語

 江戸語時代区分

 婦人のことば

 難波鉦用語

 「じやうしき」考

 文章史上より見たる吾妻鏡

 伊達家本金句集解説

 句雙紙抄について

 室町時代以降における国号呼称

 標準語歴史

 言語からみた上方文学と江戸文学

 江戸語発音

 浮世草子に現れたる曾我伝説

 八文字屋本の研究

 湯沢幸吉郎氏著「徳川時代言語の研究」(書評)

 天草学林の跡

 良寛雑記

 雲巖寺紀行

 薄命の文人星野露葉


第二部 國語方言

 新潟県方言

 新潟県語彙

 伊豆方言

 チエンバレン氏の琉球語研究

 明治期方言研究

 明治以後の方言文学

 東京語の特色

 東京方言

 加賀治雄氏著「尾張方言」(書評)

 山口麻太郎氏著「続壱岐島方言集」(書評)


第三部 国語国字問題

 仮名遣改定の多望

 国語国字問題の回顧(井上・三上両博士談話聞書)

 あて字の廃止

 漢字の問題

 年号のよみ方

 明治国字改良?

 美しい言葉を話しましよう

 かなづかい歴史

 新しい国語の在り方

 名演?の今昔

 ことばの魅力

 人名漢字

 名づけ文字の問題

 人名漢字

 名前歴史

 保科孝一先生著「国語問題五十年」(書評)


後記

附 掲載各篇目録

索引

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。