吉澤義則「本邦音符考」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

吉澤義則「本邦音符考」

吉澤義則

濁音符半濁音符促音符長音符・反復音符

『国語国文の研究』

 かくこと/゛\しい名を掲げて見た所で、別段組識立つた研究を鴻たわけではありませぬ。只讀書中に眼に觸れたまゝを書き扱いておいたのを、聊整理して、且は大方の御教示を仰ぐにも都合が宜からうか、且は何かの御參考にもならうかと思って、茲に載せる事に致した次第であります。

 次に促音半濁音などいふ言葉聲音學上から見れば、甚不都合でありませうし、又排列の順序などの上にも如何はしい點が多くありませうが、是等は皆便宜上慣例に従ふ事に致しました。

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。