吉村克己『満身これ学究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

吉村克己『満身これ学究』

吉村克己

──古筆学の創始者、小松茂美の闘い

文藝春秋

2008.12.10

古筆学の創始者、小松茂美の闘い 満身これ学究

古筆学の創始者、小松茂美の闘い 満身これ学究

はじめに

第一章 平安の女神

第二章 国鉄とピカドン

第三章 勘当

 池田亀鑑手紙を送る

第四章 学士院賞

 上京し、池田亀鑑のもとへ

 究極の豪華本を作った北澤父子(北澤繁太郎?・北澤滋久?

第五章 満身これ学究

 吉川英治井上靖

 安田靫彦との付き合い

 伝説的な古美術商、坂本五郎?

第六章 古筆学

 旺文社の赤尾一夫?

第七章 一念、岩をも徹す

略歴

著書一覧

参考文献

田中登小松茂美 人と学問』思文閣出版

小松丸『私の戦前 戦中 戦後』木耳社

北澤滋久『細道七十年』下井草書房?

坂本五郎『ひと声千両』日本経済新聞社?

ほか

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。