合山林太郎『幕末・明治期における日本漢詩文の研究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

合山林太郎『幕末・明治期における日本漢詩文の研究』

合山林太郎

幕末明治期における日本漢詩文の研究』

和泉書院

2014.2.28

第一部 幕末明治期の社会と漢詩文文化

 第一章 漢文による歴史人物批評幕末昌平黌関係者の作品を中心に―

 第二章 明治初期漢詩と結社―旧雨社をめぐって―

 第三章 青少年期の森鷗外と近世日本漢文学

 第四章 漢詩改良論―詩歌近代化と漢詩

 第五章 明治期の時事批評漢詩国分青厓「評林」と野口寧斎韻語陽秋」―

 第六章 『しがらみ草紙』の「詩月旦」―森鷗外と文壇批評漢詩


第二部 幕末明治初期における漢詩の潮流と漢詩壇の動向

 第一章 性霊論以降の漢詩世界近世後期日本漢詩をどう捉えるか―

 第二章 幕末京坂の漢詩壇広瀬旭荘柴秋村河野鉄兜

 第三章 幕末明治初期の遊仙詩―森春濤とその周辺―

 第四章 幕末明治初期詠物詩大沼枕山一派の詩風をめぐって―


第三部 森槐南と新世代の漢詩人たち

 第一章  幕末明治初期の艶体詩―森春濤槐南一派の詩風をめぐって―

 第二章 漢詩における明治調―森槐南国分青厓

 第三章 森槐南読書歴―青少年期を中心に―

 第四章 森槐南呉汝綸明治三〇年代における日中漢詩唱和―


第四部 野口寧斎の生涯と文学

 第一章 野口家一族と幕末文人社会―寧斎の祖父良陽・父松陽について―

 第二章 野口寧斎の前半生

 第三章 野口寧斎の後半生


資料 『漁洋山人精華録纂』への森槐南自筆書入れ

http://www.izumipb.co.jp/izumi/modules/bmc/detail.php?book_id=79117

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。