司馬遼太郎「花神」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

司馬遼太郎「花神」

司馬遼太郎





秋月は若年のころから江戸学問修業したため、きれいな江戸弁がしゃべれた。かれが会津藩の京における外交官になったのは、ひとつはそのなまりのすくなさによるものでもあった。さらにいえば会津藩士は京で言葉が通ぜず、こののちこの藩が京における政治の舞台でことことに後手にまわった理由の最大のひとつは、この言葉にあったらしい。

 高崎左太郎も、ずっと国詰だったために薩音しかできない。であるために、かれは会話においてはなるべく文章言語をつかうのである。


坂本は声が大きくしかも土佐弁丸出しでしゃべる男で、笑うときにはひっくりかえりそうになるほどに笑った。


大鳥は、上方なまりの江戸弁で、ゆっくり告げた。

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。