古田東朔『日本語へのまなざし 内と外から

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

古田東朔『日本語へのまなざし 内と外から

古田東朔

近現代 日本語生成史コレクション 第3巻

くろしお出版*



刊行のことば 鈴木泰


1 江戸時代までの文法観――詞辞の意識・てにをは活用――

2 『和歌八重垣』をめぐって

3 『語意』の三写本について-版本『語意考』への過程-

4 『詞の玉緒』の先蹤としてのてにをは研究書――特に『氐邇乎波義慣鈔』の内容との比較――

5 『活語断続譜』の成立は果たして享和三年六月か

6 『活語断続譜』(岡田本・神宮本)成立時期私見

7 『活語断続図説』から『活語断続譜』へ

8 『言語四種別考』から『言語四種論』へ

9 『言語音声考』から『雅語音声考』へ

10 活語断続図説・活語断続譜言語四種論言語音声考・解説

11 『八衢』へ流れこむもの

12 富士谷御杖の『和歌いれひも』

13 コソアド研究の流れ(一)

14 コソアド研究の流れ(二)

15 外の人々から見たク語法

16 アストン日本文法研究

17 アストンの敬語研究――人称との関連について――

18 ホフマンの『日蘭辞典』『日英辞典』

19 ホフマン日本文典』の刊行年について

20 ホフマンヘボンの相互影響



校訂付記 齋藤文俊常盤智子

解説1(1~12章) 齋藤文俊

解説2(13~20章) 常盤智子

初出一覧

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。