古田東朔『国語意識の発生

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

古田東朔『国語意識の発生

古田東朔(2011)

近現代 日本語生成史コレクション 第2巻

2011.6.20

解説校訂 清水康行

刊行のことば 鈴木泰

1 日本語における近代化の一傾向―文末辞から見た「標準語」の形成過程

2 日本語の一世紀

3 標準語

4 現代の文法

5 国語意識の発生

6 「国語」という語

7 コグゴ? クニコトバ

8 「俗語」から「口語」へ―その一

9 口語文法成立

10 「口語」ということば

11 口語法

12 『口語法』の規定

13 明治以降の意味の変化

14 変体がなからひらがな

15 「さ゜」という表記

16 「な、もし」はおかしいと思うんじゃがなもし―『坊つちやん』の松山弁

校訂付記 清水康行

解説 清水康行

明治以降の「国語史」研究に対する基本的な姿勢

明治以降の日本語についての概観

国語」という語について

口語」をめぐって

そのほか

初出一覧

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。