口語詩

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

口語詩

新潮日本文学大辞典 日夏耿之介


口語詩 文学 詩の分類の一。用語による分類で、口語によって表現されている詩。日本近代詩は、明治十五年の『新体詩抄』に始まるが、新体詩用語の上から見ると、文語であって、文語定型詩によって、日本近代詩は発達してきた。明治四十年ころから、口語による自由詩創作が、川路柳虹相馬御風三木露風などによって行われるようになり、初めは口語詩の名で呼ばれていたが、しだいに自由詩(別項)という名称に変つてきた。口語詩は単に用語ばかりではなく、創作態度にも関係し、韻律による制約からものがれ、不定型詩をめざしたところに、この名称の用いられた意義がある。その影響は短歌にも及び、大正期には口語歌が作られるようになったが、口語歌の場合には定型を保って口語を用いた歌と、不定型自由律の歌とがある。↓自由詩定型詩。 〔鳥山榛名

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。