原田種夫ほか『九州方言考 ことばの系譜』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

原田種夫ほか『九州方言考 ことばの系譜』

まえがき 読売新聞西部本社取締役・編集局長 渡井真

博多弁 原田種夫? 9

 根強く残るお国手形 11

 ルーツ不明の生活語 15

 通じなかった「せきます」 20

 現代に息づく古語 25

 博多版植物辞典 29


宮崎弁 黒木淳吉? 35

 特色がないといわれるが…  37

 家中語から町内語へ 41

 "島津色"残る諸県方言 45 

 語尾の優雅な日南弁 50

 「よだきい」「のさん」気質? 54

 古風なひびきの椎葉 59


熊本弁 福島次郎 65

 微妙に違う八代と天草 67

 愛すべき粗野と悲哀 71

 動的感動「むしゃのよか」 75

 オッペシャンとグジャッペ 80

 わが身知る女の「むぞうらしさ」 84

 戦後大流行した「かもちゃなん」 88


佐賀弁 志津田藤四郎 93

 「ズ」と「ヅ」の発音はっきり区別 95

 中世普通語が骨格 99

 底流に葉隠の精神 104

 東部と西部で使い方に差 108

 消えた意味の軌跡 112


大分弁 小郷穆子? 117

 豊後の"ヨダキズム" 119

 頑固に守る王朝の古型 23

 演歌にならぬ「大分の女」

 「なおす」と言われ「腹かいて」 133

 エキゾチヅクな「雨漏り」 137

 さすらいの方言マン 142


長崎弁 田栗奎作?

 諸国方言のるつぼ 51

 新顔チャンポン 

 自由で粋な流行 

 陽気な風土、多い強調語 

 豊富なたとえの表現 168


鹿児島弁 夏目漠?

 動乱の言葉 

 地名人名まで短絡化 

 気風育てた荒い音感 

 助詞名詞に追突 188

 "突飛語"だらけ 

 「ケ」四字で完結文 


(番外)山口弁 福田百合子? 

 方言を効果的に生かす若者

 若者たちに方言志向

 律義さと共通性への開放感

 多様な「痛み」の表現

 微妙に異なる言語区域 222

 人間関係示す待遇表現 


カット版画 村上無幸

装幀・装画 熊谷博人

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。