原口統太郎『支那人に接する心得』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

原口統太郎『支那人に接する心得』

原口統太郎

支那人に接する心得』

實業之日本社

昭和13

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1437297

序 松岡洋右

自序

第一 言葉

下手な支那語は使ふな

日本人支那語

あなたといふ語が大事

吃了飯了麼(今日は)

支那語には反語が多い

漢字解釈を新たにせよ

漢文漢詩

漢文と今の支那文

支那文章音調を尊ぶ

第二 風俗

支那の虚礼と辞令

役人と軍人は鼻つまみ

彼等の悪習を気にするな

支那人の不潔

何でも金に換へて聴く

支那人の面子

買物の頭をはねる

支那人の泥棒心

今でも毒殺が流行する

蓄妾は支那男子の重荷

匪賊の種類

支那比喩して散砂と言ふ

支那の党会

支那人は訞言を信用する

自治制の発達と会

支那人の義捐寄附

支那人の貧乏力

支那婦人はよく憤死する

お辞儀せぬ支那婦人

支那婦人に御用心

日本婦人は支那人に御用心

心中(情死)せぬ支那婦人

喜怒哀楽顔に出さず

支那では日本より分業的

支那人に酔漢なし

すべては賭博の生活

支那官吏の公生活と私生活

支那人の附合や義理

スピードと慢慢的

敬老の美風未だ存す

天下の美都北京

北支と南支

名前と号

夏と冬の服装に就て

第三 思想篇

利己的個人主義の彼等

複雑なる支那人の心理

孔子老子言葉の裏

支那人の信用

報恩感謝の念に就て

支那人は向上心に乏し

没法子と宿命観

皇道と王道と道教

支那人の残忍性

支那人の死生観と天命説その他

死にも生にも強き支那人

彼等は秘密をよく守る

和平手段は支那人の狙ひどころ

南方支那人の一般性格

支那思想と兵乱の関係

宣伝上手は天下一品

国事を嫌ふ支那人

支那に輿論があるか

満洲青年の純真

支那個人に何の無礼かある

支那人の無遠慮な日本人

支那の孝道

処世術としての我不関焉

支那大陸の悠久と民族

第四 交際篇

与へよ貰ふな

親切の押売をするな

惜みなく金を撒け

人の評判をするな

一々答礼が肝腎

初対面の挨拶に就て

支那人支那人と言ふな

激烈な言葉を慎しめ

交際を深めて行くのは慢慢的

支那人は吾々の兄弟分である

支那人個人に友達を作れ

推薦、招待、三四度は辞退す

支那人との交際往来が足らぬ

第五 主張篇

今次事変の目標

日本人の優越感

お国自慢は禁物

全部を搾取するな

支那人を多く使用せよ

ロックフェラーの慈善事業

真に五分五分に共同せよ

支那人に腹心を作れ

支那人の取り扱い方はどうか

日本の宗教家よ、惰眠を醒ませ

日本人欧米人との対照

支那で毛唐を真似るな

支那はなぜ吾々に住み好い乎

在支同胞もっと一致せよ

皇道で導き儒教で提携

大国民らしき態度を持て

彼我習性の不調和

支那人の改造

日支親善の要諦

面白い俗諺のかず/\

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。