原口統三『二十歳のエチュード』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

原口統三『二十歳のエチュード』

定本 二十歳のエチュード』ちくま文庫

詩篇

二十歳のエチュード

 訣別の辞に代へて

 Etudes I

 Etudes II

 Etudes III

 注釈

死人覚え書──書簡と遺書

回想の原口統三

 原口統三君を悼む 真下信一?

 立ち去る者 森有正

 原口君の遺書 中村光夫

 黒い火 都留晃?

 原口君への回想 中野徹雄?

 その秋の回想 中村稔

 作品に関して 橋本一明

  歌なき勝利──原口統三兄の死を悼んで

 懐弟記 原口統二郎?

  *

 近代人 宇多健?

 原口統三「私の中の日本人」を問われて 清岡卓行

跋文と略年譜

編集ノート



巻末寄稿 原口統三のこと 工藤幸雄?

解説 意志的な夭折 石井洋二郎?

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。