南留別志

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

南留別志

f:id:kuzan:20090208170842g:image

https://archive.org/details/nihonzuihitsutai08toky 日本随筆大成2-8

南留別志 三巻

 「徂徠先生可成談」とも云ふ。荻生徂徠の著。元文三年刊。本書は随筆風に國語の諸方面について記されたもので、文字音訓その他事物の名義等について考證解釋したものであるが、特に語源・詞の意味を解くものが多い。因に本書の名称は各説の末尾を「何々なるべし」と云ふが如くに結んでゐる爲である。

【參考】

* 「非南留別志」二巻 寫本 富士谷成章著。天明六年頃の作である。「南留別志」を批評したもので、序文に「南留別志」には誤った説があるが、著者徂徠の名が高いために、世人が誤りもそのまゝ信じて誤用するのをなげかはしく思って執筆した由を記してゐる。

亀田次郎国語学書目解題」)

日本随筆大成二期八

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。