半濁音

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

半濁音

 半濁音 國語學解説】音の種類の一つで、假名に○符(半濁音符)を添加して書き表はす音節パピプペポの類で、ハ行以外にはない。その音節の最初の子脅はPで無聲音である。この音が特に注意して他と書きわけられるやうになったのは、江戸時代かららしい。江戸時代國學者は、この種の音は、漢語その他の外來語か、又は後世轉訛した語にのみあって本來の日本語にはなかったものと考へたが、明治以後、ハヒフヘホの音は、甚だ古い時代にはpapipupepoであった事が明かになった。但し遅くも平安朝に於ては、ハ行音は既にパ行音でなくなってゐたものと考へられるから、それ以後のパ行音は、古い時代發音が特殊の場合に殘つたものか、さもなければ外國語から輸入せられたものである。

【参考】國語音聲學 神保格漢字三音考 本居宣長P音考上田萬年(国語のため所收「語學創見」の中)           〔橋本〕

f:id:kuzan:20090210174948g:image

新潮日本文学大辞典 橋本進吉

はん-だくおん(半濁音) パ・ピ・プ・ペ・ポの五っ音の古稱。次清音ともいふ。これらに通存する子音はpなれば勿論無聲なり。無聲子音とア・イ・ウ・エ・オとの結合より成れるものを清音とせば、パ等も亦清音とせざるべからず。印度にても支那にても其音韻學に於てはこれを清音とせるは、もとより其所なり。しかも我國にてはこれを清音とぜず。バ・ビ・ブ・べ・ボを傳來の稱の如く濁音とするに對して、無意義にもハ・ヒ・フ・へ・ホを其對當清音なりと断じ、從てバ等は兩者の中間にある如く認むるに至り、これをいはゆる清音ハ等に隣せしめては次清音と稱し、これを濁音バ等に近けては半濁音と稱したるなり。其「半」とは蓋し幾分の義なるぺし。いはゆる清音正音とし濁音并にパ等を訛音とする歴史的見解も亦これに加はれるなり。〔藤岡〕


岡島昭浩半濁音名義考」 『筑紫語学論叢』風間書房isbn:4759912703

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。