加藤徹『漢文の素養

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

加藤徹『漢文の素養

加藤徹

漢文の素養 誰が日本文化をっくったのか?



漢文の素養   誰が日本文化をつくったのか? (光文社新書)

漢文の素養 誰が日本文化をつくったのか? (光文社新書)

はじめに 11

 漢文の素養 11

 高位言語だった漢文 12

 国民国家と国語 15

 日本文明を見すえる 17


第一章 卑弥呼漢字が書けたのか 21

 幸か不幸か 22

 ヤマト民族世界観 25

 三千年以上前の対中関係 28

 古代文明文字 30

 日本最古の漢字 32

 漢字はファッションだった 35

 卑弥呼漢字が書けたか 38

 倭も卑字 41

 言霊思想が漢字を阻んだ 42

 仁徳天皇陵の謎 46


第二章 日本漢文の誕生 51

 七支刀時代 52

 王仁と『千字文』 55

 日本漢文の誕生 58

 倭の五王漢文 63

 日本漢文の政治性 66

 仏教伝来 68

 漢字文化の夜明け 70

 日出ずる処の天子 72

 天皇号の発明 76

 聖徳太子はどのように漢文を読んだか 78

 日本語表記への苦心 82

 訓点の登場 83

 漢文訓読の功罪 86


第三章 日本文明ができるまで 89

 藤原鎌足漢文塾 90

 元号の制定 92

 「日本」の誕生 94

 習字木簡 96

 日本最初の漢詩 97

 藤原京の失敗 103

 「日本」承認への努力

 「日本」の承認 

 地名の二字化 

 日本文明の自覚 

 『古事記』と『日本書紀』 

 『日本書紀』の特長 

 古代朝鮮語と『日本書紀』 

 漢詩集『懐風藻』と漢風諡号 118


第四章 漢文の黄金時代 121

 千の袈裟

 「宣教師」ではなかった鑑真 

 三人の留学生 

 命がけだった遣唐使 

 呉音漢音 

 漢字音複数化は奈良時代から 137

 孫子の兵法

 遣唐使の終わり 

 平安時代漢文の試験 

 宋の皇帝が羨んだ天皇制 

 清少納言紫式部 51

 源義家と孫子の兵法 55


第五章 中世漢詩文 159

 中世漢詩文と僧侶階級 

 日蓮漢文 163

 フビライの国書 

 後醍醐天皇児島高徳 

 洪武帝と日本人 

 絶海と洪武帝

 室町時代漢詩 

 戦国武将と漢詩 


第六章 江戸漢文ブームと近現代 185

 徳川家康が利用した「漢文の力」 

 江戸時代漢文ブーム 

 思想戦としての元禄赤穂事件 

 四十七士を詠んだ漢詩 

 朝鮮漢文日本 

 漢籍出版における日本の優位性 

 武士と漢詩文

 農民も漢文を学んだ 

 日本漢語と中国 

 幕末明治知識人 

 日本語の標準となった漢文訓読調 

 漢文が衰退した大正時代 

 漢文レベルのさらなる低下と敗戦 

 漢文訓読調の終焉 

 昭和・平成の漢文教養 224


おわりに 

 いまこそ漢文的素養を見直そう 227

 漢字漢文はコメのようなもの 228

 インターネット時代の理想の漢文教科書 229

 生産財としての教養 232

 中流実務階級と漢文の衰退 233

 数冊の本 234

あとがき

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。