前野直彬『漢文入門』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

前野直彬『漢文入門』

前野直彬

漢文入門講談社現代新書

昭和43.8.16

まえがき

漢文とは何か

 1「漢文」とは

  漢字だけで書いたものが漢文

  日本中国では意味が違う

 2「漢文」の基本的意味

  中国語日本語で読む

  広い意味と狭い意味

漢字漢語

 1漢字の特色

  表意文字

 2実字虚字助字

  漢字の分類

  実字

  虚字

 3漢語和語

  「漢語」の条件

  和製漢語

  両国で意味の違う漢語

  和語

 4和臭

  日本表現の一例

  不自然な漢語

  リズムの無視

  日本人にだけわかる漢文

訓読の方法

 1音と

  音は中国語発音

  やまとことば

  訓読みのいろいろ

  音との見分け方

  「重箱」読みと「湯桶」読み

  音だけのもの

  誤訳

  音は原則として一つ

 2漢音呉音唐音

  音の種類

  輸入の歴史による読みかた

  日本語の習慣による読みかた

  発音が違えば意味が違う?

  「四声」の使い分けで意味が違う

 3送りがな

  日本語として意味のとれるように

  漢文として読むために補うもの

  送りがなの位置

  送りがなは、少なく簡潔に

  意味のアイマイさをなくすために

  漢字読み方を規定する

  現代日本文の「送りがな」との相違

 4返り点

  日本語中国語では言葉の順序が違う

  認定構造

  一例──李白の詩の一句

  「レ点

  「一二点」

  返り点の組み合わせ

  「上下点」

  助字読み方と位置

  再読文字

  主な再読文字

 5書き下し文

  漢文として読む

  復文

  原漢文を読みこなす補助手段

  原文にもどり、意味を考える

 6句読点

  文を区切る

  断句

  現在の新式標点

  訓点

  訓読から正確な意味をつかむために

  句読点リズム

訓読歴史

 1訓読のはじまり

  訓読法変遷

  奈良日本人は、中国語文章をどう読んだか

  奈良朝には一定の訳語があった

  訓読法誕生の様子をさぐる

  万葉がなの利用

  翻訳の一手段だった返り点送りがな

 2カタカナ成立

  万葉がなの簡略化

  カタカナの発生と統一

  メモとして書きこむ

 3ヲコト点

  符号化の一方法として

  符号化カタカナ

  点図

  暗号化していった点図

  各寺院・各学派ごとの点図

 4いろいろな返り点

  返り点句読点点図に入れる

  点図返り点はわかりにくい

  数字を使う返り点

  数字以外の返り点

  混用から統一の方向へ

  混用返り点による文例

 5訓読の確立

  原文を日本語として読む

  読むと同時に訳す

  いかにして美しい日本語にするか

  『白氏文集』にみる訓点

  やわらかな調子訓読

  文選読み

 6訓点本の流行

  商業出版の発達

  印刷技術の制約

  日本語らしく「読む」こと

  訓読の型にはめて読む

  現在の訓点に近づく

 7訓読の改革

  訓読法変化

  漢文の普及

  新訓読法への動き

  訓読法の統一

5むすび

  訓読法の功罪

  訓読現代中国語

  大切な訓読法への理解

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。