前田愛『幕末・維新期の文学』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

前田愛『幕末・維新期の文学』

前田愛

法政大学出版局

1972年10月30日

近世から近代ヘ――愛山透谷文学史をめぐって

山陽中斎――危機の予覚者たち

佐藤一斎の位置――『言志四録』の構造

八犬伝』の世界――「夜」のアレゴリイ

寺門静軒「無用之人」の軌跡

雲如山人伝――幕末詞壇への一視角

松陰における「狂愚」――下田踏海まで

伊都満底草』 の交歓――柳北洋学者たち

板橋雑記』と『柳橋新誌

パリの柳北――「航西日乗」をめぐって

枕山春濤――明治初年の漢詩壇

中村敬宇――儒学キリスト教の一接点

文明開化

明治ナショナリズムの原像

あとがき

関係略年表

初出一覧

書名索引

人名索引





筑摩書房 1989 前田愛著作集 第1巻 isbn:4480360018



書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。