前田富祺「近世にはどんな仮名遣いが行われていたか」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

前田富祺「近世にはどんな仮名遣いが行われていたか」

前田富祺

近世にはどんな仮名遣いが行われていたか」


国文学解釈と教材の研究』27-16〈日本語の謎〉 1982.12


1・仮名遣い仮名遣い

2・四つ仮名について

3・「お」と「を」について

4・その他の問題

5・おわりに

池上禎造近世」(『国語の歴史』)

前田富祺「『倭字古今通例全書』の時代意義」 (『国語学史論叢』)

永山勇定家仮名遣から古典仮名遣宣長の場合」 (『文学・語学』44)。

前田富祺仮名文における文字使用について 変体仮名漢字使用の実態」 (『東北大学教養部紀要』14)。

島田勇雄西鶴本かなづかい 形容詞『-い』の表記を中心に」(『研究』35)

青木恵子「上田秋成仮名づかいについて」(『東洋大学大学院紀要』15)

坂梨隆三近松四つがなについて」(『岡山大学法文学部学術紀要』34)

坂梨隆三曽根崎心中の『は』と『わ』 その仮名遣仮名字体について」 (『茨城大学 人文学科論集』12)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。