前田富祺「近世における国語アクセント観」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

前田富祺「近世における国語アクセント観」

前田富祺

1967

『国語学』71



近世語』p124-136(追記4行)


平曲アクセント観

幸若舞アクセント観

契沖のアクセント観

真淵アクセント観

宣長アクセント観

文雄アクセント観

成章アクセント観

八 その他の近世国語アクセント観

近世アクセント観の展開

一○ まとめ


前田富祺「古代における国語アクセント観」?(国語学研究6)

こまつひでお氏の昭和四十二年国語学会春季大会の御発表濁声点から濁点へ-類聚名義抄濁声点上の分布-」

前田富祺「契沖のアクセント観」(文芸研究40)参照。

前田富祺「能楽論におけるアクセント観」?(国語学研究5)参照。

金田一春彦平曲の曲調(一)-仙台のものを中心として-」(平家物語講座第二巻所載)

富倉徳次郎校「西海余滴集-并、追増平語偶談-」(古典文庫)

藤井制心「平曲の曲調(ニ)-名古屋に伝わるものを中心として-」(平家物語講座第二巻所載)

笹野堅幸若舞曲集序説」

馬淵和夫「「いろはうた」のアクセント」(『国語学』23)

西尾寅弥幸若舞伝書『音曲秘伝』所載いろは歌アクセントについて」(『国語アクセント論叢』所載)。

桜井茂治古事記四声注記私見」(国学院雑誌昭和三十六年十一・十二月号)

竹岡正夫「稿本あゆひ抄と刊本あゆひ抄の成立」(『国語学』21)

福島邦道「江戸言葉のアクセントについての一資料 斎藤彦麿音声論」(『国語学』12)

くにぐにのなまりことばにつきて」(文学博士三宅米吉著述集所載)。

福島邦道倭語拾補について」(国語国文・第三十六巻第七号)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。