前田富祺「漢語副詞の種々相」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

前田富祺「漢語副詞の種々相」

前田富祺

1983.10.20

漢語副詞の 種々相

渡辺実編『副用語の研究』明治書院

前田富祺中世における象徴詞の一考察──"くる~"系・"くるり~"系の語彙をめぐって──」(『語文』38)

前田富祺古代における国語語彙観──国語語彙論史序説として──」(『東北大学教養部紀要』23)

池上禎造「漢語の品詞性」(『国語国文』23-11)

前田富祺「漢語副詞の変遷」

森岡健二日本文法体系論」(『月刊文法』12)

宮地裕「現代漢語の語基について」(『語文』31)

宮地裕現代語語構成」(『国語と国文学』56-1)

野村雅昭「三字漢語構造」(『電子計算機による国語研究』VI)

森重敏「程度量副詞の設定」(『国語国文』27-1)

同「副詞本来の機能および助詞副詞の組織」(『国語国文』27-11)

川端善明時の副詞(上・下)──述語の層について、その一」(『国語国文』23-11・12)

鈴木泰「漢語ナリ活用形容動詞の史的性格について」(本論文集所載)。

遠藤好英平安時代記録体文章の性格──『別』を含む語彙をめぐって──」(『日本文学ノート』7)

遠藤好英記録体文章における連体格の『別』──その読みと性格──」(『国語学研究』12)

小川栄一「『少々』の史的考察」(『馬淵博士退官記念国語学論集』所載)

鈴木英夫「幕末明治期における新漢語の造語法──『経国美談』を中心として──」(『国語と国文学』55-5)

野村雅昭否定接頭語──無・不・未・非の用法『ことばの研究』4)

藁谷降納「『古来から』『従来から』という言い方」(『解釈』錨)

峰岸明記録体」(『岩波講座日本語10文体』)

遠藤好英記録体における「夕方」の語彙体系一『後二条師通記』の場合一」(『国語と国文学』55-5)

遠藤好英記録体における時の表現──『後二条師通記』の「昨日以前」、「昨夜」の意味語句──」(『国語語彙史の研究』1

久山善正「『タトヒ』(仮使・仮令)についての一考察」(『訓点語と訓点資料』11)

柳田征司抄物に見える副詞コンロン(『舗撃普語国文学論集』)を参照のレ」

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。